香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

自分取り締まり

f:id:shusaku1:20200411232611j:plain

 

例えば、

 

夫や子供やお姑さんに自分の行動を制限されている。

 

上司に自分の仕事を細かく管理されている。

 

親に人生をコントロールされている。

 

もし、そう感じている人がおられるなら、これみんな、

 

自分が自分をバシバシ取り締まった結果だと言える。

 

 

こんな私じゃ、まだ、まだ、まだ、だめ、だめ、だめ、

 

が外界に投影され、そんな自分の化身が、

 

家族となり、親となり、上司となり、または状況となって、

 

自分の人生を取り締まっている。

 

 

なので、他者から、こうしなさい、こうあるべき、と、

 

自分であることを否定されたり、

 

自由な言動を制限されたと感じている人は、

 

相手をどうにかしよう、ではなく、なにはともあれ、

 

自分に優しく寄り添おうとする意識を持つことが大切だ。

 

 

とにかく今夜は美味しいものを食べようよ。

 

とにかく今は考えるのをやめて、風呂にでも入ろうよ…。

 

いいよ、いいよ、今はお酒を飲んでぼーっとしてれば…。

 

と、自分を咎めず、自分に条件を加えず、優しく接する。

 

しかし、そんなときやってしまいがちなのが、

 

このレストランでこの料理を食べたいけど、

 

太りそうだし、こんな高いレストランなんてもったいない、

 

で、バシバシバシッ。

 

ゆっくり風呂に入ったはいいが、鏡に映る自分を見て、

 

ああ、こんなところにシミが、で、バシバシバシッ。

 

酒は飲みたいけど、これ以上飲んだら酔っぱらうぞ、

 

で、バシバシバシッ。

 

本当は着飾りたいけど、もう年だし、人にどう思われる?

 

で、バシ、バシ、バシ。

 

ほら、自分が自分に対してやっているこれら全部、

 

よく考えたら、他者からやられていることではないか。

 

なんのことはない。

 

自分の声を他人に代弁させて言わせているのである。

 

 

f:id:shusaku1:20200410231114j:plain

 

僕は、

 

もう絶対に自分を攻めない、と決めてからというもの

 

ほんの些細な〝自分取り締まり〟も分かるようになった。

 

 

今朝、電車の中でマスクをしていると息苦しかったので、

 

少しマスクをずらし、鼻の部分を出して座っていた。

 

瞬間、向かいの人がちらっと僕の方を見た、気がした。

 

一瞬、罪悪感が出た。

 

が、いいよ、このままで、と、卑屈になる自分をかばった。

 

 

また、今日、オフィスで、もう一人の日本人が、

 

実家にマスクを送るというので、

 

FEDEXにするか、郵便局のスピードポストで送るかで、

 

エドワードと、やいのやいの、やっていた。

 

普段は気にも留めないのに、最近は出張や外出もなく、

 

毎日、一日中、事務所で顔を突き合わせているせいか、

 

なんか、ちょっとしたことにイラっと来る。

 

そんなとき、

 

彼の中の〝愛の伴走者〟(共に旅する者)に向かって、

 

平手打ちを食らわそうとしていた自分に気づき、

 

そこから即座に、神の大好き、を思い出す。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

〝自分取り締まり〟は、陰湿なイジメにも似て、巧妙だ。

 

いま、ここで起こっている小さな自分イジメを看破し、

 

それは認知し間違えている、ときづいて赦してゆく。

 

なぜなら、たぶん、誰も、自分で自分をイジメたい

 

と思ってやっている人などいないと思うから…。

 

(👆 そういうプレイが好きな人は除外)