香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

潮風の日曜日

f:id:shusaku1:20200503171246j:plain

👆 大澳名物の棚屋

 

今日は、以前から一度訪れてみたいと思っていた、

 

大澳(TAI O)という小さな漁村まで、早起きをして、

 

1人、列車やバスを乗り継ぎ、山越え谷越え行ってきた。

 

何しろ、自然を守るため、一般車両は通行禁止で、

 

専用バスも村の入り口までしか入れないので、

 

行くだけで、片道二時間半くらいかかってしまう。

 

f:id:shusaku1:20200503171703j:plain

f:id:shusaku1:20200503171949j:plain


朝7時ごろ家を出て10時ごろ目的地に着いた。

 

中国からの観光客もなく、村は静かだった。

 

高層ビルや、人混みや、車の往来もなく、

 

花が咲き乱れ、その周りをアゲハ蝶が舞っている。

 

一瞬、ここは本当に香港か、と疑いたくなるほどだ。

 

f:id:shusaku1:20200503171733j:plain

 

波光きらめく海上を、ゆっくりと漁船が横切ってゆく。

 

日差しは柔らかく、風もさわやかで、全然暑くない。

 

ここの漁師さんたちは〝棚屋〟と呼ばれる、

 

水上に木とトタンで建てた昔ながらの家に住んでおり、

 

台風の時だけ、別の場所へ避難するのだという。

 

f:id:shusaku1:20200503171719j:plain

 

海沿いの道をゆっくりと歩けば、草いきれがむっとくる。

 

よく春先などに湧き上がる、ソワソワウキウキする衝動。

 

ステテコ一丁のおじいさんが、籐の長椅子に腰かけ、

 

ラジオの京劇を聴きながら居眠りをしている。

 

ベランダで日焼けしたおばさんが洗濯物を干している。

 

道端では犬と猫が仲良く日向ぼっこをしていた。

 

家の中から聞こえる、炒め物をするジューっという音、

 

遠くで母親が子供に何か叫んでいる。

 

子供の頃に味わった、日曜の平和な昼下がりの雰囲気に、

 

どっと懐かしさがこみあげてくる。

 

f:id:shusaku1:20200503172322j:plain

 

いま、この瞬間に在る神と一体となって歩いた。

 

すると、船も、花も、人も、海も、風も、そして自分さえも、

 

〝神〟と同じものだ、として知覚されてくる。

 

乾物を並べるおばさんも、テラスのテーブルを囲み、

 

パンツ一丁でビールを飲んでいるおっちゃん連中も、

 

庭に咲くバラも、木々の葉擦れの音も、そして僕自身も、

 

〝神〟という同一のもの、としてしか認識されなくなる。

 

言い方を変えれば、

 

人や、猫や、バラや、僕というものなど存在せず、

 

ただ〝神〟だけが在る、という風に感覚化されてくる。

 

f:id:shusaku1:20200503172415j:plain

 

やがて、神の中を神自身として歩いている感覚になった。

 

個の自分が消滅してゆく。

 

それは、自分が消えて無くなるというよりもむしろ、

 

みんな一斉にひとつの神、という感覚に近い。

 

ひとつの神だけなので、自分も他者も無い。

 

代わりに、

 

自分や他者を同じ神として認知し始める。

 

真の自己の中に全部あった、みたいな…。

 

f:id:shusaku1:20200503171853j:plain

f:id:shusaku1:20200503171922j:plain

 

そんな感じで、村の一番端までたどり着いた。

 

そこには、昔の警察署を改装した小さなホテルがあった。

 

瀟洒な建物には客室が9室しかなく、車が入れないので

 

長い階段を崖の上まで自力で登ってゆかねばならない。

 

f:id:shusaku1:20200503171907j:plain

 

そのホテルのカフェで、ブランチを取った。

 

スマホは見ず、ただ、ぼーっと海だけを眺めて過ごす。

 

いま、ここに在る平安が、あまりに強烈すぎて、

 

過去のことや、明日のことには、全く思いが及ばない。

 

過去や未来がない状態…

 

あっ、これが自分も他者もいないということかあ。

 

f:id:shusaku1:20200503172003j:plain

 

それから何やかやして、午後4時頃、自宅へ戻ってきた。

 

洗面所で鏡を見ると、おっ、日焼けしているっ!

 

やっぱり、一人で行ってよかった。

 

今日は、本当に幸せな一日だった。 

 

今夜はぐっすり爆睡できそうだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com