香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

脱反抗期

f:id:shusaku1:20200503171125j:plain

 

香港では感染者ゼロの日が2週間以上続いていて、

 

今週金曜日から、バーやジムも再開されることになった。

 

それで早速、日曜にトレーナーの予約を入れた。

 

「もう、90分間、ガンガンに追い込んでください。」

 

と、トレーナーにお願いしたので、多分、週明けは、

 

筋肉痛で起き上がれないと思われ…。

 

f:id:shusaku1:20200503171138j:plain

 

それから、香港政府がマスクの配布を始めた。

 

60回まで何度でも使える銅入りの抗菌マスクと、

 

使い捨てマスクのセットで、希望者はネットで申し込む。

 

申し込めば必ず、2週間以内に配達されるらしい。

 

電気代はタダだし、14万円の小切手も送られてくるし、

 

香港政府って、何に於いても、やることがスマートだ。

 

でも、少し前まで、

 

「マスク禁止法発令!違反したら逮捕するわよっ!」

 

と言っていた月蛾(げつが)長官が、いつのまにか、

 

マスクを配ってるって一体どういうこと、と少し思った。

 

f:id:shusaku1:20200503171150j:plain

 

明るい日差しが差し込むオフィスの昼休み、

 

昼食後のコーヒーを飲みながら、テキストを読んでいた。

 

〝神はご自身の想念から離れたことは一度もない!〟

 

の一節を読んでいた時、突然幸せな気持ちがこみあげ、

 

自分も含めた何もかもが〝大好き〟で輝いて見えた。

 

もう、何をしても、何を見ても、そこに神が臨在している!

 

f:id:shusaku1:20200503171844j:plain

 

父はずっと僕と一緒にいてくれているのに、

 

これまでの自分は、

 

「愛してるよ、いつもここにいるよ」と言う親に対し、

 

〝うっせー、ほっといてくれ、死ね!〟

 

と、まるで思春期の子供のように反抗していた。

 

親の干渉がウザくて家を飛び出したのに、

 

片時も離れずに付いてくる親にキレまくっていた。

 

そのくせ、親の金(ハート)を無心しながら生きている。

 

「俺がこんなんになったのはお前のせいだ!」

 

ともう、意味不明な謎の〝積み木くづし〟状態…。

 

 

俺が買ったスマホを、俺だけのスマホとして感じたいのに

 

スマホの陰に親の気配がチラチラしてイラッ、みたいな。

 

そして、そのイラッが、モノによっては、怖い、になったり、

 

悲しい、になったり、緊張でドキドキ、になったりする。

 

まあ、親の金(ハート)を無心して買ったスマホなので、

 

親の気配がチラチラするのは、当然と言えば当然だ。

 

結果、ちらちら見え隠れする気配が罪悪感となる。

 

f:id:shusaku1:20200503171204j:plain

 

まず、落ち着いて、いま、ここにある対象物を見てみる。

 

パソコン、テーブル、ワイン、汚れた靴下、鈴木さん、

 

それらの奥に流れる、平安な愛の感じ、

 

今、この瞬間に在る神を、抵抗せずに感じてみるのだ。

 

しかし、その奥には、本当に欲しかったものがある。

 

いつも、常に、変わることなく、天国の愛が流れている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

たとえ、恐怖を感じたとして、それに何の問題が?

 

大切な人を失って悲しんで、何がいけないのか?

 

苦しみや喪失感もまた、

 

失ったものへの愛(神の愛)感じさせる。

 

神と同じ存在である神の子の自分が思うことは、

 

やはり、神の想いなのだ。

 

 

そういうわけで、僕もこの年になってようやく、

 

脱反抗期を迎えようとしている。