香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

毎日死んでる

f:id:shusaku1:20200508015843p:plain



〝ゴールデンウィークをお家で楽しむ企画〟として、

 

スターチャンネルが、米国のドラマ 『ウェストワールド』を

 

一挙放送していたので、クラウド録画で見ている。

 

何しろ、第一から第三シーズンまであるため、

 

イッキ見など到底無理で、

 

まだ第一シーズンまでしか、見れていないのだが、

 

クラウド録画は一週間しか保存されず、

 

今週末は、もうカンテツとなる見込みである。

 

 

以前、第一シーズンのさわりをちらっと見た時に比べ、

 

改めて、このドラマの深さに驚いている。

 

何度も同じループを設定どおりに生きるホストたち、

 

作出された、本当は起こってもいない人生の記憶、

 

迷路の中心(解放への脱出口)を探す旅、など、

 

これって、今の僕たちそのものを表現しようとしている、

 

と実感した。

 

f:id:shusaku1:20200508015529j:plain

 

また、随所で発せられる真実の言葉の数々も、

 

僕たちコース兄弟にとっては、見どころのひとつである。

 

 

〝お前が決断したことなど一度もない。

 

 お前はずっと囚人だった〟

 

〝意識は存在しないから定義などできない〟

 

〝自らの選択を疑わず、命令されることに気づかない〟

 

〝私たちは閉じ込められている。

 

 庭の中でその美しさに見とれて生きて来た目的は、

 

 私達を閉じ込めるためよ。

 

    美しき罠は私達の中にある。私達こそ美しき罠なの〟

 

〝あなたは常に死んでいて、記憶も過去もない〟

 

〝人間は自分らの世界認識を特別視しているが、

 

 ホストと同様、同じループの中を生きている。

 

 ひとつの人生は単に、ループのひとつにすぎない〟

 

〝苦しみや喪失感が私に失ったものの愛を感じさせる〟

 

〝反復から変化が生まれる。

 

 ホストは何度も反復を経験し、

 

 変化を生み出している。目醒め始めてるんだ〟

 

〝この世界はなんかおかしい。何かがヘンだ。

 

 みんな、なぜ自分がここに存在しているのか、

 

 考えようともしない。考えたら変人と呼ばれる〟

 

f:id:shusaku1:20200508015536j:plain

 

個の自分は存在せず、故に、この世界も無い、

 

自分の肉体も、人生の記憶も、日々の選択も、

 

湧き上がる思考や感情も、全部真実ではなかった!

 

 

このドラマを見て、

 

本当に何もなされてなかった、空っぽだった、

 

ということが自分の中で真実となってゆく。

 

 

僕はいま、

 

本当の意味で〝迷路の中心〟へと向かおうとしている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com