香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

思い出し不足

f:id:shusaku1:20200509145620j:plain

👆 ジムの受付。

 

 ジムが解禁となったので、今日から自主トレを開始した。

 

筋トレをするのは、まさに一か月ぶりだ。

 

運動したい人たちでごった返しているのかと思いきや、

 

入場が50%に制限されているため、館内は空いていた。

 

更衣室のロッカーも半分が施錠されており、

 

ランニングマシーンも一つ飛ばしでしか利用できない。

 

だいぶ筋力が落ちているだろうなあ、と思っていたが、

 

やってみると、案外、高重量を扱えた。 

 

それでも、

 

日曜にはトレーナーとのセッションが待っているので、

 

筋肉痛にならないよう、控えめな自主トレとなった。

 

f:id:shusaku1:20200509145807j:plain

 

話は変わって、

 

他の人はどうか分からないのだが、昔から僕には、

 

ああなったらどうしよう、こんなことが起こったら嫌だな、

 

と、事前に予測できたことは起こらない、という、

 

妙なジンクスがある。

 

あの件でみんなから攻撃されたらどうしよう、とか、

 

こんなことしたらあの人に何て言われるだろう、

 

と思ったら、ああ、これは現実化しないな、 と、

 

妙に納得して、ホッと胸を撫で下ろしたりするのだ。

 

これってなんか、

 

思い出すことで設定が消去されていっているような、

 

消去されるために思い出されているような、

 

不思議な感覚である。

 

f:id:shusaku1:20200509145757j:plain

👆 ブランドショップの殿堂、ランドマークのカフェ 

 

例えば、

 

毎年保険に入っている時は病気ひとつしなかったのに、

 

保険に入らなかった年に限って病気になった、とか、

 

いつもはこまめにUSBにバックアップを取っているのに、

 

バックアップを忘れた時に限ってパソコンが壊れた、

 

みたいな経験を僕たちはしょっちゅうしているが、

 

ひょっとしてこれは、

 

思い出されないことで起こっている現象かもしれない。

 

 

そういう意味で僕たちは、

 

病気になった時のために保険に入っているのではなく、

 

保険に入り、心にある種の安心が生まれたことで、

 

それらの災難を起こらなくしている。

 

そういえば、大方の災難というのも、

 

思ってもみなかった時に起こるのが常である。

  

f:id:shusaku1:20200503020456j:plain

👆最近グレイフランネルが好きになってきた

 スコットランドの森に生える苔の香りなんだって 

 

〝事前に、内面を浮上させて、見る〟という行為は、

 

起こっていないことを、起こっていないこととして、

 

認識することで、投影を取り消している。

 

 

ある意味、

 

僕たちは、心を癒すために、思い出しているのだ。