香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ズッキーンと差し戻される

f:id:shusaku1:20200503171100j:plain

👆 もうすぐ再開

 

先にお知らせなのですが、

 

最近、コメント欄に書き込みができなくなった、と、

 

読者の方々よりご連絡をいただいております。

 

確認したところ、

 

どうやら、インターネットエクスプローラーからだと、

 

コメント欄の画面に不具合が出るようです。

 

現在、はてな事務局へ問い合わせをしておりますが、

 

Google Chromeもしくは iPhone safari からだと、

 

正常に書き込みができるようですので、

 

大変恐縮ですが、コメントをしていただく際は、

 

そちらから書き込んでいただくか、もしくは、

 

プロフィールにあるメアドに、

 

メッセージをいただければ幸いです。

 

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

 

f:id:shusaku1:20200502013117j:plain

👆 家にある中国たばこのコレクション 

 

というわけで、予想していた通り、今日は、

 

階段が上がれないくらいの筋肉痛に見舞われている。

 

特にスクワットをやった内腿の筋肉がキンキンして、

 

両足を外股にしてカニみたいに歩いている。

 

それでも、昨日は久々に筋トレができてうれしかった。

 

f:id:shusaku1:20200503020501j:plain

 

話は変わり、今日、労災保険の見積りが、

 

保険エージェントから来たので、稟議を提出した。

 

香港では、

 

仕事上の過失で従業員が障害を持った時に備え、

 

各企業は強制的に労災保険に加入させられる。

 

料率は従業員の年収によって決められ、

 

補償額も〝労働法例〟によって細かく定められている。

 

 

稟議はネットの社内専用ページから申請するのだが、

 

しばらくして、

 

その稟議が元コンババ部長によって差し戻されてきた。

 

元コンババ部長のコメント欄を見れば、

 

見積書だけでなく、補償内容が付記されたポリシーも、

 

一緒に添付してください、とある。

 

普段なら、別に仕事だし、と再提出して終了、なのだが、

 

今回はなぜか〝差し戻し〟の文字を見た瞬間、

 

落ち度を責められ拒否された、という想いがこみあげ、

 

みぞおちのあたりが、ズッキーン、と疼いた。

 

f:id:shusaku1:20200503171109j:plain

👆 大澳に行く途中で通りかかった、

  香港ヴィパッサナーの新しい瞑想センター

 

以前は毎日のように感じていたこのズッキーン、

 

かなり久しぶりで、自分でもちょっと笑いそうになった。

 

神の想いを認知し間違えてズッキーンになっているのは

 

解かっている。

 

それに、ズッキーンの真っ最中に、

 

聖霊を求めたり、神を思い出そうとしても無理なので、

 

認知し間違えていることだけを認知した後は、

 

とりあえず、ズッキーンしたまま仕事を続けた。

 

f:id:shusaku1:20200503020716j:plain

 

それからまたしばらくして、

 

元コンババ部長から、別件で電話が入った。

 

話の流れで、さっき、稟議を差し戻した話になった。

 

彼は言った。

 

「僕も以前、日本の保険の稟議申請を上げたとき、

 

 社長からポリシーが付いてないって叱られたんだ。

 

 だから、この稟議が社長決裁に回ったとき、

 

 星谷さんも同じ思いをしないようにと思ってさ。」

 

 

一瞬で、不快なズッキーンが愛のズッキーンに変わった。

 

差し戻されてきたと思ったのは、攻撃ではなく神だった。

 

電話を切ってから、ちょっと泣きそうになった。

 

f:id:shusaku1:20200503171114j:plain

 

ただ、誤解を避けるために言っておくなら、

 

彼がしてくれた気遣いに神(愛)を感じたのではない。

 

不快なズッキーンと、神の愛でキュンキュンする感じは、

 

全く同じものであったことを知り、うれしくなったのだ。

 

ズッキーンの前に、

 

〝不快な〟が付くか〝愛の〟が付くかだけで、

 

どちらも同じズッキーンなのだ。

 

 

ズッキーンはズッキーンのままですでに神であり、

 

聖霊に修正してもらおうとする必要もない。

 

それはもう、そのままここに在る神そのものだ。

 

ただそれを見るだけ。

 

そうすると、ズッキーンが神の想いだったと解かる。

 

 

よく、憂鬱なことに心が埋没して神が思い出せない、

 

でも、もう自分は天国にいるんだよな、なのに憂鬱…、

 

みたいな時ってあると思うが、これって、

 

憂鬱な想いと神の想いを別物だと考えている。

 

憂鬱な思いを消し去り、神の想いに変えてください、

 

とやっている。

 

 

ノーッ!

 

憂鬱、それそのものでもう神であり、

 

憂鬱を感じているとき、それは神を感じている。

 

抵抗せずに、そのまま見ていること。

 

憂鬱に抵抗しながら神を求めるのは、

 

神を押しのけながら神を求めているのと同じだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

それにしても、

 

なぜ僕は元コンババ部長にウルウルしているのだろうか、

 

もっと他ので神を感じたいよっ。