香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

クモを助ける

f:id:shusaku1:20200503171637j:plain

 

今日、会社のトイレで用を足していたら(小のほう)、

 

(※もちろん僕は男なので、立って用を足す)

 

便器の右端の空中に、直径2ミリほどの、

 

小さな黒い物体が浮かんでいるのを発見した。

 

何だろう、とよく目を凝らしてみれば、

 

それは一匹のクモだった。

 

点のように小さなクモが、便器に巣を張ろうとしている。

 

f:id:shusaku1:20200503171557j:plain

 

一瞬、どうしよう、と思った。

 

このまま水を流せば、クモはひとたまりもない。

 

手でクモをすくって逃がしてやろうとすれば、

 

きっと、自分の指が便器に触れるだろう。

 

棒か何かに絡ませて捕るにはクモはあまりにも小さすぎ

 

一歩間違えば、水の中へ落ちてしまうかもしれない。

 

掃除用のゴム手袋をしてだと、ゴワゴワしすぎて、

 

2ミリ足らずのクモを押しつぶしかねない。

 

f:id:shusaku1:20200503171648j:plain

 

用を足し終えた僕は、しばしクモを凝視していた。

 

彼は小さいながらも懸命に糸を吐き、巣作りをしている。

 

「なんか自分みたいだ」と思った瞬間、僕は手を伸ばし、

 

そのクモを掌に載せてすくい上げていた。

 

窓辺に置かれた鉢植えの上に手を持ってゆくと、

 

クモは大急ぎで逃げて行った。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

ああ、助かったあ、よかったあ、と僕は胸をなでおろした。

 

でも、助けた後で思ったのだが、あのクモはきっと、

 

自分が助けられた、なんて思ってもいないのだろうな。

 

それどころか、とんだ災難に遭った、と感じているだろう。

 

きっと僕たちも、このクモと五十歩百歩なんだよ。

 

 

それにしても、

 

なんであんな場所に巣なんか作ろうと思ったのか。

 

謎な行動をするあたり、

 

さすが、僕の夢のストーリーに出てくるクモだけある!