香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神時間

f:id:shusaku1:20200518160459j:plain

 

香港政府からマスクが送られてきた。

 

何回でも洗って使え、布の間に銅のシートが入っている。

 

着用してみると、使い捨てマスク特有のチクチク感がなく

 

デザインもいいし、立体構造なので息苦しさも感じない。

 

今後はこのマスクを使おうと思っている。

 

 

で、エドワードに「このマスクいいよね」と言ったら、

 

「オレは申請してない」という返事が返ってきた。

 

訊けば、コロナが収まりつつある香港では、

 

政府が中国国歌侮辱罪を成立させようとしていて

 

それに反発する若者の抗議活動が活発化している。

 

国歌を変え歌で歌ったり、斉唱の時に起立しなかったり

 

しただけで、逮捕され、罰せられるのだという。

 

それで、普段から政治意識の高いエドワードは、

 

抗議の意味を込め、政府配布のマスクはしないらしい。

 

 

じゃあ、

 

政府から支給される14万円も貰わないのかな?

 

こんど訊いてみようっと…。(笑)

 

(👆やめなさいっ。お前はいつも一言多いんだから!)

 

f:id:shusaku1:20200520011125j:plain

 

話は変わって、毎朝、電車で通勤する15分ほどの間、

 

ずっと、今や神や自分を全肯定しながら過ごしている。

 

電車は始発のホンハム駅から乗るため必ず座れるので、

 

僕はこの15分間を〝神時間〟と名付けて楽しんでいる。

 

 

今、この瞬間、どんな思いが湧き上がってきたとしても、

 

オーケーオーケー、赦す赦す、それでいい、大丈夫、と、

 

ただただ自分を全肯定し続けてやるだけなのだが、

 

そうやって〝自分〟にオーケーを出し続けていると、

 

心がとても安心して、ハートがわわわと上がってくる。

 

やがて、自分を通じて神を肯定していたことに気づく。

 

 

なんていうか、

 

〝今〟がただ流れて行っている感じ…。

 

〝今〟を引き止めず、流れるに任せている。

 

〝今〟に在る神を抵抗せずにただ見ていることで

 

〝今〟が肯定され、結果、神以外が流れ去ってゆく。

 

 

下車する駅に着き、席を立つと、乗客たちがみな、

 

神の子の実在に輝いて見える。

 

もう、みんなどこか、光っていてカッコいいのだ。

 

これは比喩ではない。本当にそう見える。

 

 

というわけで、今後どう変化していくかは分からないが、

 

〝自分〟〝今〟〝神〟を全肯定することが、

 

今の僕の、赦しの基本姿勢となっている。

  

blog.hoshitani-shusaku.com