香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神への逆恨み

 

f:id:shusaku1:20200503172333j:plain

 

今日は、珍しく、他の二人が出払っているため、

 

僕一人、午後からオフィスでお留守番である。

 

うちは6月決算で、7月からが新年度となるため、

 

来期の予算策定のフォーマットを作って過ごした。

 

 

毎朝9時に出勤し、デスクで仕事をして、6時に帰る。

 

こういう生活って、なんかすごくいい感じ。

 

少人数なのと、日本の様にデスクが向かい合っておらず

 

パーテーションで完全に仕切られているので、

 

自分の空間が確保できて、気持ちよく過ごせる。

 

 

今夜はどこで何食べよう、とか、あの店に寄ってみよう、

 

といったことを考えながらパソコンを打つ。

 

あと一カ月くらいは出張にも行けないだろうから、

 

この〝いい感じ〟を思い切り満喫するつもりである。

 

f:id:shusaku1:20200503172310j:plain

 

話は変わって、

 

娘(または息子)に、反抗的な態度を取られムカッと来た、

 

パートナー(妻/夫)に、邪険に扱われ、傷ついた、

 

上司から間違いを指摘されないかといつもテンパる、

 

なんであいつばっかり、と嫉妬の炎がメラメラメラ、

 

あの人、年下なのに何でタメ口なんだ、でイラっ、

 

えーと、他に何があるかな、思いつかないや…(笑)。

 

 

これ、全部、神への逆恨みだ、とある日気づいた。

 

なんで素直に自分を受け容れてくれないんだ、

 

なんで俺をそんなに邪魔者扱いするんだ、

 

なんでいつも私のあら探しばかりするのよ、

 

なんでアイツばかり贔屓して、自分を無視するんだ、

 

なんでいつもそんなに〝上から〟なの?、と、

 

本当は、神に逆恨みをしているのだが、

 

そんなこと、直接、神に向かっては怖すぎて言えない。

 

だから、今度は、神の代わりに兄弟を逆恨みすることで、

 

心の中の神に対するうっぷんを晴らしていたのだ。

 

 

例えば、、外ではとても温厚でいい人なのに、

 

家へ帰ると、家族に暴力を振るっている旦那とか、

 

いつも家庭や職場で抑圧されている人が、

 

店員さんのほんの些細な不手際にぶち切れまくる、

 

といったニュースをよく耳にするが、

 

実際に僕たちもこれと同じ、

 

Aに対する恨みをBで晴らす、みたいな行為を、

 

日常的に、神や兄弟に対してやっている。

 

f:id:shusaku1:20200503172346j:plain

 

こんな逆恨みモードに入った時、僕はいつも、

 

ああ、自分は赦したいために怒っているんだな、と思う。

 

相手に罪を認めさせることで、在ると思い込んでいる

 

自分の心の中の罪悪感を赦したいと思っている。

 

なので、

 

自分が理不尽な扱いを受けていると感じた時、ただ、

 

本当に赦したいのは自分だった、ということを思い出す。

 

それが、神を思い出す、ことだと思っている。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 そういえば、

 

直接、神を感じるようになった去年の夏以来、

 

こういった〝逆恨み現象〟がほとんど無くなった。

 

そういう意味で、僕の反抗期も終盤を迎えつつある。