香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

血相変えて…

f:id:shusaku1:20200604003613j:plain

👆 行列は壁の後ろへと続いている

 

今日の午前中、銀行回りをした。

 

MIZUHO香港で担当者と打ち合わせをした後、

 

小切手を入れにシティ・バンクへ寄った。

 

僕が並んだ一般カウンターはそうでもなかったが、

 

口座を開いたり、証券の取り扱いをする、

 

個人カウンターのところに長蛇の列ができていた。

 

そう言えば、前回、香港上海銀行へ行った際も、

 

向かいの中国銀行が人でごった返していたっけ。

 

 

いま、多くの香港人が、自由に送金できるうちに、

 

資産を海外へ持ち出そうと躍起になっている。

 

それにはまず、

 

欧米系の銀行に口座を開く必要があるのだが

 

香港で使用するような普通の口座ではだめで、

 

国外に資産をプールできる海外口座を作る。

 

だが、それには2500万円の預金が必要となり、

 

それで、小金を持っている中産階級の香港人たちが、

 

目の色変えて銀行に並んでいる、というわけなのだ。

 

今は、米国系のシティバンクか、シンガポール系の

 

スタンダード・チャーター銀行が人気らしい。

 

こうして、口座を開設できたら、

 

中国系銀行にある個人の預金を一気に引き出し、

 

新たに作った海外の口座へ送金する計画である。

 

国家安全法が適用される9月以降になると、

 

中国が外貨の送金を規制することも予想され、

 

ここ2か月が勝負とばかりに、

 

皆、血まなこになって走り回っている。

 

 

でも、こんなに現金が流出すれば、

 

香港ドルが乱高下するのはもう目に見えており、

 

僕もなるべく、香港で現金を持たないようにしよう、

 

と決意を新たにしている今日この頃である。

 

f:id:shusaku1:20200604003618j:plain

 

で、香港ドルが乱高下、とか、決意を新たに…、

 

などと、散々、夢の現実を書き散らしたあとに、

 

こんなことを言うのも気が引けるのであるが、

 

解釈だけが問題だった、という話である。

 

 

いくら奇跡講座の教師が、それは解釈ですね、とか

 

解釈をしない、解釈を取り下げる、と言ったところで

 

肉体を持って、夢の現実を生きていれば、やっぱり

 

解釈をせずに日常を過ごすなんて不可能である。

 

朝起きて、今何時で、今日はこれをやって、

 

と思った時点で解釈していることになるからだ。

 

なので僕は、自我で解釈をしているな、と思った時

 

解釈をしない、解釈をやめる、とやるのではなく

 

神という、一つの解釈を思い出すようにしている。

 

 

そうやって、いま、この瞬間の神で見れば、

 

銀行で兄弟たちが列をなしているのを目撃しても、

 

彼らはただ神の愛を求めて並んでいるだけであり、

 

その愛は、いま、この瞬間に在る、と解かる。

 

 

こうして、銀行で40分並んだ今日の僕であった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com