香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

そわそわ

f:id:shusaku1:20200610001423j:plain

 👆 お気に入りの特製メロンパン

 

なんか、今週は疲れているのか、やたらと眠い。

 

それと、妙な胸騒ぎを覚え、何をしていても、

 

一日中、気持ちがソワソワと落ち着かないのだ。

 

緊張感とか不安感とかではなく、

 

虫の知らせ的に、胸が騒ぐ感じ。

 

夏至が近いからかなあ、とも思ったが、

 

そういうのとも関係がないような気がする。

 

何だろう、この胸騒ぎ。何か起こるのかなあ。

 

こ、こわいよー!

 

f:id:shusaku1:20200610222304j:plain

👆 今日のランチ。メロンパンのチキンバーガー
 

以前、自分を攻めることを徹底して止めたら、

 

みるみる世界が優しくなった、と書いたが、最近、

 

自分を攻撃したり、自分を恥じる気持ちの根底には

 

〝依存〟があったことに気づいた。

 

 

僕は会社員なので、当然、会社に依存している。

 

特に僕は海外駐在員でもあり、給料の他にも、

 

海外傷害保険、医療費、ケータイなどの通信費、

 

香港のアパートの家賃や、年二回の里帰り休暇と

 

航空券、など、多くの福利を享受している。

 

その代わり、

 

上司や社長からの合理的な指示には必ず従い、

 

それなりの結果を出さねばならない。

 

しかし、ちょっとしたミスをしたりして、

 

会社からのオーダーに答えられなかった時、

 

ちゃんとできなかった自分を責めてしまったりする。

 

そして、その根底には、

 

会社に依存することで享受している様々な、

 

〝自分を幸せにするもの〟が失われることへの

 

恐怖が隠されている。

 

 

ペットに依存している人であれば、

 

ペットが死んだのは自分のせいだ、と責めたり、

 

お酒に依存している人であれば、

 

お酒を飲む自分を責めていたりする。

 

また、何かのスピマスターに依存している人なら、

 

その通りにできない自分を無意識に責めてしまう。

 

どうやら、

 

依存👉喪失への恐れ👉罪悪感👉自分責め

 

という構図になっているようだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

しかし、肉体を持って社会生活を営んでいる以上、

 

僕たちは必ず何かに依存をして生きている。

 

何の依存もせずに生きるなんて不可能だろう。

 

なので、依存を止める、というのではなく、

 

心の中の依存に気づいて、それを責めない、

 

すなわち、赦すということが大切だ、と思うのだ。

 

 

そして、なにより、

 

◯◯に依存している、という、その◯◯が、

 

本当は何だったのかに気づくこと、

 

それが決定的に大切だと思う次第である。

 

 

ああ、また、胸がざわざわしてきた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com