香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

聖霊まみれ

f:id:shusaku1:20200612182659j:plain

 

以前から水漏れしていたリビングのエアコンが、

 

何度修理しても直らないので、今回大家さんが、

 

新品に買い換えてくれることになった。

 

それで、金曜日と土曜日の二日をかけて、

 

エアコンの取り外しと取り付け工事が行なわれた。

 

そのため、僕は金曜に休暇を取った。

 

f:id:shusaku1:20200612182827j:plain

👆 ドリルを持った弟弟子はこの後トイレへ行ってしまい、

  親方の怒りを買うことに…。

 

f:id:shusaku1:20200612182813j:plain

 

先ず、一日目は、

 

搭棚と呼ばれる竹と紐を組んた足場を作りに、

 

師傅(親方)、師兄(兄弟子)、徒弟(弟弟子)、の、

 

三人組がやってきた。

 

この竹を使った足場は、香港独特の手法で、

 

技術は親方から弟子へと受け継がれてゆく。

 

 

外での作業は全て、命綱を付けた親方がやり、

 

中から弟弟子が、親方に竹の棒を手渡してゆく。

 

しかし、弟弟子が勝手にトイレへ行ってしまい、

 

代わりに、兄弟子が、えらい叱られていた。

 

この様子を見ながら、

 

師弟関係ってなんかいいな、と思った。

 

f:id:shusaku1:20200614002314j:plain

👆 手前の太っちょが弟弟子

 

f:id:shusaku1:20200612182713j:plain

 

二日目には、別の部隊が、古いエアコンの取外しと

 

新しいエアコンの取付けにやってきた。

 

彼らもまた、師傅、師兄、徒弟、の三人組だった。

 

取付けは親方がやり、それを兄弟子がサポートし、

 

弟弟子が部品や工具などを揃える。

 

 

だが、これがもう、めまいがするほど大変だった。

 

古いエアコンを取り外す際には、

 

エアコンから真っ黒い水が床や壁に飛び散り、

 

新しいエアコンを取りつける際には、

 

壁を水で濡らさずに電気ドリルで穴を開けたため、

 

その粉塵が家中に充満し、結果、いたるところ、

 

ホコリだらけになってしまったのだ。

 

f:id:shusaku1:20200614002307j:plain

 

二時間ほどでエアコンの取り付け工事が済み、

 

親方たちが帰った後、ひとり、掃除にとりかかった。

 

まずはほうきで、床に散らばるごみを掃き集め、

 

次に掃除機をかけてから、モップ掛けをした。

 

雑巾で、家具や、棚や、電気製品を拭きまくり、

 

食器も全部洗いなおした。

 

 

自分で家の掃除をしたのは何年振りだろう。

 

やっても、やっても、きれいになった気がしない。

 

なんか、色んな所がざらついている感じがする。

 

で、ある程度きれいになったところで、力尽きた。

 

最後は、シャワーで自分を洗い、フィニッシュ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

でも、新しくなったエアコンは至って快適である。

 

大家さんも本当によくしてくれて感激だし、

 

来てくれた親方たちもプロの仕事をしてくれた。

 

 

聖霊が、J兄貴が、彼らになって助けてくれた。