香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の反映

f:id:shusaku1:20200619171902j:plain

 

いま住んでいるアパートの部屋が大好きである。

 

27年の香港生活の中で一番好きかもしれない。

 

部屋の内装や周囲の環境も気に入っている要因だが、

 

何より大家さん夫妻が、優しく穏やかで素敵なのだ。

 

香港では、投資のために家を買う人がほとんどで、

 

修理や契約も業者に任せっきりなのが普通なのに、

 

この40台後半くらいの二人は、

 

部屋の明け渡し前日に自分たちで掃除されていたし、

 

エアコンの取り換え工事も丁寧に対応して下さった。

 

お金と教養を持ち合わせた人特有の、

 

落ち着きと優しさがあり、

 

その〝優しい感じ〟が部屋に反映されているのだ。

 

f:id:shusaku1:20200619171822j:plain

 

僕はすでに香港で10回以上引っ越しをしているが、

 

家主の意識が部屋に反映されると確信している。

 

なので、部屋を借りる際は、内装のきれいさよりも、

 

大家さんの人柄を重視してきた。

 

また逆に、その時の自分の意識が〝すさんで〟いると、

 

好い大家さんや好い物件には巡り合えなかったりする。

 

 

というのも、

 

僕がまだ香港に来たばかりの頃に部屋探しをした時、

 

新内装で家具も電化製品も新品、大家さんの感じもいい

 

という物件があり、不動産屋さんもお薦めだったが、

 

階数が13階、という部分にこだわってしまった僕は、

 

もう一つの、まあまあそれなりのフラットを契約した。

 

 

ところが、それがとんでもない部屋で、

 

寝ていると金縛りに遭うわ、

 

布団の上へ誰かが乗っかってくるわ、

 

別の部屋で誰かがどたどたと走り回る音が聞こえるわ、

 

その上、いつも誰かがおぶさっているように背中が重く、

 

なぜか足が無くなる恐怖に怯え出し、

 

それからは刃物が怖くて怖くて仕方がなくなった。

 

結局、転職を機に、一年でその部屋を出た。

 

 

多分、香港に来たばかりの当時の自分は、

 

常にテンパっていて、何をするにも余裕がなく、

 

自分が不当な扱いを受けないかと警戒ばかりしていて、

 

いま、ここに在る平安を味わうことができていなかった。

 

いつも不安でイライラしていて、

 

当時優しくしてくれる人達に感謝する余裕すらなかった。

 

だから、この部屋に入居したから、

 

物事がうまくいかなくなったのではなく、

 

その時の僕のすさんだ意識状態が、

 

こういう物件を選ばせたのだ、と今ならわかる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

部屋は自分の心の状態を映し出す、と言われるが、

 

そういう意味で、今、サイコーに大好きーっ、

 

と思えるような場所に住めているのはきっと、

 

ちゃんと自分の中にある神を肯定できており、

 

きちんと心が癒されていっている証拠なのだな、

 

と思うのだ。

 

 

 

あなたは、

 

自分がいま住んでいる場所が好きですか?