香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

本当に味わう

f:id:shusaku1:20200625135158j:plain

👆 ジンリッキー

 

今日は端午の節句の祝日で、会社はお休みである。

 

明日は、クーラーの足場を取り外しに来るというので、

 

僕も有休を取り、4連休とした。

 

それで、お休み一日目の今日は、どこへも行かず、

 

部屋で創作でもしながら、うだうだ過ごすつもりだ。

 

 

夏至の前くらいから、香港は連日35℃の猛暑である。

 

行きつけのバーへは週一ペースで通っていて、

 

昨夜も、暑いのでさっぱりしたカクテルを、と注文したら、

 

マスターがジン・リッキーを作ってくれた。

 

ジンと、ライム果汁と、ソーダをステアした、

 

糖分ゼロのカクテルで、じつにさっぱりして美味かった。

 

ハッピーアワーには1杯分の料金で2杯飲めるため、

 

もう一杯はホワイトレディーを作ってもらった。

 

ホワイトレディーもかなりドライなカクテルで、

 

こうして、甘いお酒が好きではない僕の好みに合わせ、

 

マスターは毎回、いろんなカクテルを味わせてくれる。

 

 

しかし、最近味わっているのはカクテルだけではない。

 

日常の一瞬一瞬を味わい尽くしている。

 

パソコンの画面に映る数字、道行く人々の姿、

 

街路樹のざわめき、同僚の笑顔、パン屋の匂い、

 

または、複雑な業務メールを受け取った時の気分、

 

寸でのところでバスに乗り遅れてしまった時の感じ、

 

解釈を入れず、ただ、それそのものを味わう。

 

するとやがて、そこに神の気配が在ることに気づく。

 

過去に失くしてしまったと思っていたもの、

 

ずーっと以前に出会ったことのある懐かしい何か、

 

旅立つ前日のどこかウキウキソワソワする高揚感、

 

全てがいま、ここにあり、そして、それは神だった。

 

 

本当はそれは何なのか、に気づきながら過ごす。

 

そんな感じでこの連休は、

 

いまを丁寧に味わいながら過ごすことにする。