香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

夢遊病者には関わらない

f:id:shusaku1:20200617002605j:plain

 

夏至が過ぎ、一週間余りが経つけれど、

 

今年の夏至は、例年とは大きく違う感がある。

 

この一週間で、ずんずん意識が変容していっている。

 

しかも、これまでの人生の延長線での変化ではなく、

 

存在の仕方や意識の在り方が根底から入れ替るような

 

超急激な流れ、というか、力強さを感じるのだ。

 

 

今日も普段と変わらず、事務所で仕事をしていた。

 

まあ月末だし、あれもやって、これも確認して、と、

 

忙しく、香港支社の月次レポートをまとめていた。

 

 

そのとき、ふと、ある疑問が浮かんだ。

 

天国のハートを感じ、神の愛に気づいている自分が、

 

完全な神の愛そのものだと知っている自分が、

 

どうして無意識状態で彷徨っている夢遊病者たちを、

 

怖がったり、嫌悪したりしているのだろう。

 

自分が何者であるかも知らずに生きている人たちに、

 

どうして、

 

わけもなく気を使ったり合わせたりしているのだろう。

 

そんなのおかしい、そんなの間違ってる、と…。

 

f:id:shusaku1:20200617002718j:plain


 

力は神の子の自分に在り夢遊病者兄弟の方ではない。

 

神に気づいている自分が、夢遊病者に奉仕するなど、

 

絶対にあり得ない。

 

そうだよ、神の子の自覚に目醒めた自分が、

 

夢遊病者である他者に合わせて生きる必要など、

 

はなからなかったのだ。

 

 

そのことに気づいた瞬間、僕の意識が変わった。

 

(※といっても、今日の午後の話だけど…)

 

もちろん、

 

仕事も同僚への受け答えも、普通にする。

 

しかし、何ひとつとして真に受けなくなり、

 

彼らのどんな言動にも関わらなくなった。

 

なぜなら、彼らは神も愛も天国も何も知らないのだ。

 

自分がどこから来たのかも分からずなんやかや、

 

もっともらしいことを言ってくる。

 

そんな彼らに、これ以上合わせる理由がない。

 

ましてや、怖がることなど、更々ない。

 

なんて言うか、

 

意識レベルで、彼らに関わるべきではない。

 

 

第一、自分の本性は神の子で、

 

神と同じ存在だ、と解かっている者が、

 

そのことを知らない人たちより無力なはずなどなく、

 

そのように扱われる理由もない。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

これは、気づいていない兄弟を見下す、とか、

 

無視して拒絶する、という意味では決してない。

 

これまで夢遊病者に合わせて生きて来た神の子が、

 

そんなのおかしい、と気づいた結果である。

 

 

多分、このまま変容が進むと、

 

これまでとは全く違う世界で、全く違う人たちと、

 

交流を始めることになりそうな気がしている。

 

 

今関わっている人たちが全くいない別のパラレルへ、

 

移行して行ったしまうほどの、夏至以降の変容…。

 

 

それでもまあ、個の自分にはよく分からないので、

 

ただただ、兄貴の流れに乗り続けていくことにする。