香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ぞろ目大好き

f:id:shusaku1:20200625191541j:plain

 👆 家飲みなら〝くまたか〟で十分

 

いま、まさに神と在る時期を過ごしている。

 

通りがかる人、同僚、パソコン、コーヒー、街路樹、

 

全てが、僕に、愛を呼び掛けているように感じる。

 

それに対して、こちらも歓びで呼応すれば、

 

世界が一層、優しく見えてくる。

 

 

人や、物や、出来事を映し出すベールの向こうに、

 

ずっとそこに在る、不変の愛の流れを感じる。

 

これまでは、仕事帰りのバスの中から見た夕焼雲や

 

一杯のカクテルや、ありがとうという言葉を通して、

 

ハートの愛の中へと入って行っていたが、

 

今はもう〝それ〟そのものになりつつある。

 

f:id:shusaku1:20200625191723j:plain

 

いまの僕は、

 

おおむね愛、時々レッスン、という感じなのだが、

 

たとえレッスンの最中でも、愛を忘れることはない。

 

兄貴がずっと僕のみぞおちの奥の方にいて、

 

実相からくる大丈夫感を後押ししてくれている。

 

 

そういえば、最近、瞑想ばっかりしている気がする。

 

朝の電車の中で20分、昼休みに寝ながら30分、

 

夜就寝前に40分くらいで、休みの日はもっと多い。

 

それ以外にも、

 

スーパーでレジの順番を待っている時や、

 

カフェでボーっとしている時も、スマホなどは見ず、

 

じっと内側に向かっているので、おおむね一日、

 

軽い瞑想状態で過ごしていると言える。

 

 

瞑想と言っても、今、この瞬間への抵抗をやめ、

 

ただ、みぞおちの兄貴を感じているだけなのだが、

 

慣れてくると、その際どんな感情が上がってきても、

 

解釈から生み出される幻影を、

 

みぞおちの祭壇に置くことができるようになる。

 

そうすると、世界がリアルでなくなってくる。

 

決して現実逃避ではなく、ちゃんと仕事をしながらも

 

ここがそのまま実相だった、という感覚になるのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

  

そんな僕の感覚を後押しするように、

 

また最近、ぞろ目をすごく見る。

 

通りがかる車のナンバーが888だったり、

 

時間を見れば、11:11だったり、

 

キャッシュレスカードの残金が66.66ドルだったりと

 

一日3回くらいぞろ目を見てしまう。

 

その度に、その調子、その調子、それでいいよ、と、

 

兄貴から励まされているようでうれしくなるのだ。