香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛が止まらない

f:id:shusaku1:20200713230642j:plain

 

愛が止まらない

 

って、お前は〝Wink〟か、とツッコまれそうだが、

 

本当に愛が溢れて止まらなくなっている。

 

といっても、男の僕は、女性より感受性が鈍い分、

 

〝ひ~は~〟状態になったりはせず、

 

なんとか普通に日常生活は送れている。

 

 

でも、この状態こそが、ある意味正常なんだ、と思う。

 

同僚を見て、カクテルを飲んで、通りを歩いていて、

 

これも、それも、あれも、大好きーっ、愛してるーっ、

 

と、強烈な愛の感覚が上がってくるとき、

 

自分は神と一つになっているんだ、と思えるから…。

 

多分、

 

僕が誰かに愛を感じているその数百倍の強さで、

 

神は僕を愛しているのだな、と実感できるのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20200713230542j:plain

 

これまでの〝愛してる〟は対象によって差があった。

 

AさんよりBさんのほうが好き、とか、

 

自分の両親や子供は愛おしいが、

 

他人の家族は別にそうでもない、とか、

 

そういった利己的な愛の感覚とは全く違い、

 

常にスクリーンの裏側に流れている愛の想いが、

 

全体ににじみ出てきているような感覚となり、

 

全体に対する愛が、不変で、一様で、MAXなのだ。

 

 

神が愛しか発していないのであれば

 

神と同調し、ひとつになるには、

 

自ら、愛してる、を発するしかない。

 

そして、何を見ても〝愛してる〟を感じるには、

 

自分の中にも、他者の中にも、誰もおらず、

 

〝一なる心〟こそが自分の源だった、

 

ということに気づくことが決定的に重要になってくる。

 

 

もう、ほとんど、愛してるが歩いているような感じ。

 

もうここで〝大好き〟だけを放っていればいいんだ。

 

これが神と交流するということなんだ。

 

f:id:shusaku1:20200713230558j:plain

👆 多分火事になったら終わりだと思う
 

 

このように、

 

ずっとハートが疼いている状態なので、

 

夜も目が冴えてなかなか眠れない。

 

それで、夜中の零時ごろ、家のすぐ近くに、

 

24時間営業のドンキがオープンしたというので、

 

ちょっと覗いてみることにした。

 

昼間、ドンキの前を通りがかった時は、

 

入店待ちの長い行列ができていた。

 

 

深夜にもかかわらず、普通に混んでいる。

 

香港人だけでもこんなに混んでいるのに、

 

大陸との国境封鎖が解除されれば、

 

きっとすごいことになるのではと思われる。

 

 

結局、サントリーの角瓶を買って帰った。

 

そして、近所にドンキまでオープンしてしまい、

 

もう、家から半径200メートル内が、

 

完璧な〝神エリア〟と化してしまった。

 

(別名 無駄遣いエリア ともいう)

 

blog.hoshitani-shusaku.com