香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

存在の気配

f:id:shusaku1:20200715230033j:plain

 

今日は土曜日、ずっと家でお籠りである。

 

牛肉と卵を焼き、ちゃんとご飯も炊いて、

 

それを昼食と夕食に分け、しば漬けと一緒に食べた。

 

吉本新喜劇を見ながら昼食を食べていると、

 

なんだかすっごく平和で幸せな感覚に包まれた。

 

 

しば漬け、吉本新喜劇、窓から差し込む日差し…、

 

それら、絶えず移り変わる夢の映像の奥に、

 

〝ずっと存在している何か〟の気配がある。

 

その気配が、僕に平和な気分をもたらしている。

 

 

僕たちは、椅子が目に入れば椅子を認識し、

 

近所の田中さんを見れば、田中さんだと気づく。

 

また、喫茶店で安室奈美恵の歌が流れてくれば、

 

ああ、安室奈美恵だ、と分かる。

 

しかし、いったい何が、ただの夢の映像に過ぎず、

 

存在もしていない椅子や、田中さんや、安室奈美恵

 

に気づかせているのか、をようく見てゆくと、

 

それら、認識しているものの奥に、

 

〝何だかわからないけど何かが在る〟

 

という気配が存在していることに気づく。

 

f:id:shusaku1:20200718222619j:plain


 

例えば、ある女性が、

 

「私は自分の彼氏が死ぬほど好き」と言った時、

 

じゃあ、その人のどこのどういう部分が好きなのか、

 

と問われても一概には説明できないだろう。

 

優しいところが好きとか、背が高いからと言っても、

 

同じように優しく背が高い人はいるはずだ。

 

それは、その対象者の奥に、何だかわからないけど

 

自分をキュンキュンさせる何かが〝在る〟から、

 

その人を死ぬほど好きになるのだ。

 

 

その存在の気配は、

 

全ての、見えるもの、聞こえるもの、触れるもの、

 

の背後に流れており、常にここに在って、

 

変化することも、消えることもない。

 

 

普段は、それを、わたしのお母さん、

 

わたしが知っているお隣りの田中さん、というふうに

 

〝わたし〟を介して見ているのでわからないが、

 

全てをひっくるめた〝存在する感じ〟だけで見れば

 

そこには〝ひとつの存在している感じ〟だけがある。

 

その気配を特定しようとすれば即座に見えなくなり、

 

それでも、その存在感は、確かにあり、感じている。

 

 

それが神だ。

 

 

しかし、僕たちは、その存在する気配を、

 

私のお金、私の愛する人、安心の生活、仕事、など、

 

私だけの特別な存在にしようとしてしまう。

 

 

その気配に抵抗せず、ずっとそこに留まる。

 

本当に欲しかったのは、その神の気配だけだった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com