香港さんといっしょ! 奇跡講座(ACIM)と純粋非二元

欲望都市香港で奇跡講座を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

コロナの季節

f:id:shusaku1:20200715011407j:plain

👆 マスクをして歌うのって、根性要りそう…

 

 

おっす!

 

おいどん、今日から自宅勤務でごわす。

 

香港は連日100人越えの感染者が出ており、

 

多くの民間企業が在宅勤務となっているでごわす。

 

(って、なんで鹿児島やねん!)

 

で、当分外出しなくてもよいように、昨日の深夜、

 

近所のドンキで食料を爆買いしてきた。

 

それでも、自宅にいると、

 

プライベートと仕事の境界線が曖昧になりがちなので

 

リマインダーできちっとスケジュールを立て、

 

メリハリをつけながら時間を過ごしてゆく。

 

 

こうやって、家で仕事をしていると、突然、

 

いま、自分は、これまでの古い人生を、

 

終わらせようとしているんだ、という、

 

強烈な思いが湧きあがってきた。

 

 

僕の古い人生を少しお話しすると、

 

小学生のころから、

 

海外で生活することが一番の夢だった。

 

それで、日本で語学系の大学を卒業した後、

 

中国やベトナムへ留学した。

 

そして、海外で生活したいというその夢が叶い、

 

それからの二十数年は、海外駐在員として、

 

香港を拠点にあちこち出張する生活を送っていた。

 

しかし、ここ数か月(コロナが始まった頃からかなあ)

 

これまで出会ったことも無いような人に会ってみたい、

 

これまでと全く違う場所で、全く違う人達に囲まれて、

 

全く違う毎日を送りたいという衝動に駆られ始めた。

 

 

いままでも、会社員の傍ら、語学の本を出版したり、

 

小説を出版したり、語学講師をしたりしていたが、

 

フリーになった途端に〝安定を失う恐怖〟に襲われ、

 

その都度、古巣の会社員に舞い戻っていた。

 

要するに、自由にしたいことをして生きることを、

 

自分で自分に許可してこなかったのだ。

 

👇 少し前まではこんな感じだったのに… 👇 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

それで今日、仕事の合間に祭壇瞑想をしていたら、

 

これまでの、安定し、護られてはいるが、

 

会社の許可に従って生きる生き方を、

 

本気で終わらせたい、という強い意志が起こった。

 

 

「いま、私は、

 

 愛と歓びで創られた神の子(霊)で存在することを、

 

 私自身に許可します。」

 

「私は、神の子の自分にふさわしい場所で、

 

 神の子の自分にふさわしい兄弟たちと、

 

 愛と創造に満ちた世界で、肉体を持っている間、

 

 過ごしてゆくことを許します。」

 

 

気がつけば、心の中で、こんな宣言をしていた。

 

いつもはただ、今この瞬間に在る神への抵抗を止め

 

神の気配を感じているだけの瞑想なのに、

 

なぜ、突然、こんなフレーズが浮かんできたのか、

 

自分でも意味不明である。

 

 

これは、確信に満ちた、強烈な意思表明であり、

 

そう表明した瞬間、気持ちがとても楽になった。

 

もちろん、これは、

 

愛と創造に満ちた世界を創ることではなく、ましてや

 

愛と歓びに満ちたどこかのコミュニティに参加する

 

ということなどでは更々ない。

 

 

たった一人の、

 

愛と歓びに満ちた兄弟に出会えればそれでOKだし、

 

たとえ自分一人だけであっても、

 

愛と歓びに満ちた世界に在ることは可能だ。

 

ただ、こういったパラレルへ移行するには、

 

古い信念(今の生き方)と決別せねばならない、

 

ということだけは、はっきりと解かるのだ。

 

 

別段、無理に生き方を変えようとしたり、

 

解釈で行動しようとしているわけではなく、

 

こういう思いが勝手に湧いてくるのだから、

 

もう、どうしようも致し方ない。

 

しかし、これもまた、

 

自身の抵抗がなくなった結果であり、

 

心が癒されてきた結果なのかな、とも思う。

 

 

なので今後は、決して自分に無理強いすることなく、

 

ゆっくり、じっくり、自分を赦し、許可を与え続け、

 

この古い生き方を終わらせてゆこう。

 

そういう意味で、このコロナの時間は、

 

僕にとって、終わりと始まりの覚悟をつける、

 

非常に大切な、内なる時間となってゆくのだろう。