香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

兄貴の声が聞こえる

f:id:shusaku1:20200831235055j:plain

👆 今日の昼のお弁当

  大好物の鶏の足のから揚げ

 

今週一杯、10時から16時までの時短勤務である。

 

1時間の昼休みを差し引けば実労働5時間となる。

 

(おまえは、パートかっ!)

 

それでも、

 

プライベートと仕事のメリハリがつくので、

 

在宅勤務よりかはずっといい。

 

香港ではまだ自宅勤務の人もたくさんおり、

 

通勤電車もガラガラなので、この時間を利用して、

 

呼吸に意識を向けるアーナパーナ瞑想をしている。

 

ヴィパッサナーへ行った時に習った瞑想法で、

 

自然に神の中へと没入でき、なかなかいい。

 

f:id:shusaku1:20200831235059j:plain

 

この瞑想が功を奏したのかどうかは不明だが、

 

近頃、聖霊兄貴の声が聞こえるようになってきた。

 

今日も、出勤のため、朝八時半に起きたはいいが、

 

あまりに眠いので、

 

ソファでしばらくまどろんでいた。

 

するといきなり、頭の中で「ホンコンッ!」と叫ぶ

 

男性の大きな声が聞こえ、反射的に飛び起きた。

 

時計を見ると8時45分、やっば、と思い、

 

急いでシャワーを浴びに浴室へ向かった。

 

その声は、幻聴とか、夢の中の声、とかではなく、

 

一瞬で跳び起きてしまうほど、クリアな声だった。

 

 

また別の日、内容は忘れてしまったけれど、

 

電車の中で、怒りの妄想劇場に耽っていた時、

 

いきなり、太腿を、パンパンッ、と強くはたかれ、

 

びっくりして目を開けると周囲には誰もいなかった。

 

気のせいなどでは決してなく、叩かれた時の、

 

痛みの感覚も、ちゃんと太腿に残っていた。

 

 

またある日、カフェを出たところで、

 

〝オイッ〟という男の声が頭の中で鳴り響いて

 

立ち止まったかと思うと、いきなり、一台の車が、

 

猛スピードで自分の脇すれすれを通り過ぎた。

 

 

これらの声や行為の正体が何なのかは不明だが、

 

あまりにもハッキリした声が、突然脳内に響くので、

 

一瞬、感電した猫のように跳び上がってしまう。

 

でもまあ、なんか僕を助けてくれてるっぽいし、

 

不快ではないので、抵抗せずにほうっている。

 

👇 忘れていたが、以前にも同じような事が…

blog.hoshitani-shusaku.com

 

それにしても、もう9月だ。

 

速い、速すぎる!

 

今日、タイムカードをチェックしたら、

 

8月に出社したのはたったの11日だった。

 

それも時短勤務なので、ほとんど業務してない。

 

ジムも、バーも、マッサージ店も閉鎖状態なので、

 

もう、強制内側状態で、日々背後で暮らしている。

 

そりゃあ、こんな毎日を送っていれば、

 

意識も変容を起こすわな。

 

 

さあ、コロナ後は、もうここには居りまへんで!

 

素で生きる、神の子で生きる、背後で生きる。

 

自分はもうこれでいこう、と決めたら、

 

一切の成分偽装をしない。

 

自分の成分はこういうものです、

 

と、本当の成分を公表して生きる。

 

神の聖分を表現できる場所に移行する。