香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

わたしは恐れていない

f:id:shusaku1:20200906220123j:plain

 

昔の角川映画『Wの悲劇』の中で、

 

三田佳子が薬師丸ひろ子の手の甲を、

 

パンパンパンと叩きながら、

 

「女優!女優!女優!」と言ったように、

 

僕も自分のホッペを叩きながら

 

「貯金!貯金!貯金!」

 

と言いきかせている今日この頃である。

 

 

一切れ700円のチーズケーキは買わない、

 

ブルックスブラザースの前は避けて通る、

 

ドンキ・ホーテでは3000円以上買わない、

 

など、色々対策は練っているが、

 

なかなか100のワクワクが抜けない。(笑)

 

それでも、チョイ姐がいなくなったので、

 

そのお給料の分を貯金に回せるのだ。

 

まあこんな感じで、コロナ収束後から始まる

 

新たな人生へ向け、準備を進めている。

 

(👆 いや、進んでないやろ by 兄貴)

 

 

あ、角川と言えば、ずっと昔、僕は、

 

角川書店香港支社で人事部長をしていた。

 

当時の角川香港では、

 

『香港ウォーカー』という雑誌を発行していて

 

編集部の人たちはみな超個性派ぞろい、

 

各人にそれぞれのスタイルがあり、

 

人事部長として苦労したのを覚えている。

 

f:id:shusaku1:20200906220110j:plain

 

というわけで、

 

最近自分は、何をも恐れていない。

 

他人の言動、仕事のトラブル、将来、など、

 

全くと言っていいほど恐れていない。

 

恐れない、とか、恐れないようにする、

 

ではなく〝恐れていない〟のだ。

 

 

どういうことかというと、

 

明日、出るのがイヤな会議があれば、

 

イヤだな、という想いは湧いてくるし、

 

何か業務上のトラブルが起これば、

 

ドキドキしながら、どう対処しようか、と、

 

いろいろ画策もする。

 

また、ここ最近折に触れて書いているように

 

これまでの生活スタイルを捨て、

 

新しい何かを始めようとする際には、

 

未知なる世界の不安感で怖くなったりする。

 

しかし、それでも〝恐れていない〟。

 

怖さを恐れていない、というか、

 

〝怖い〟けれど〝恐れて〟はいないのだ。

 

突然車が来たら、ひょっと避けるのと同様、

 

本能的反応、くらいに捉えている。

 

 

これはやはり、背後にある後ろ側の世界

 

(僕は内側の世界のことをこう呼んでいる)

 

の方が完全にリアルになってしまったことが

 

大きく影響しているように思う。

 

前方の肉体同士でのやり取りを、

 

まったく信用しなくなったのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

真のコミュニケーションは、

 

背後を通じて、背後同士で行なわれ、

 

よって集中するべきは、自分の内側であり

 

内側の愛に気づき、

 

自分はその愛そのものだったことを知る。

 

そして何よりも大切なのは、先ず率先して、

 

自分の内面を愛してやることによって、

 

内面が神の愛で満たされ、

 

やがて、その愛が背後の筒を通って、

 

スクリーンの裏側から反映されてくる。

 

その目的は、神が反映されることで、

 

現実が良くなることではなく、

 

現実が良くなることで、

 

神の気配を知り、神に気づくことにある。

 

そして、その気づいたものの正体こそが、

 

真の自己だった。