香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

エゴのささやき

f:id:shusaku1:20200906220225j:plain

 

筋肉痛は、昨日よりだいぶマシになった。

 

それでも、

 

筋肉痛が来るのは、成果が出ている証拠なので、

 

嬉しいことは嬉しいが、今回のはチト辛すぎる。

 

トレーナーにそのことをLINEで伝えると、

 

年齢を重ねると回復も遅くなるのだと言われた。

 

きいいーっ!エゴの囁きなんか、信じないぞっ!

 

 

いま〝背後で生きている〟ことがとても心地よい。

 

もちろん、起こるべきことは起こってくるけれど、

 

それに反応している自分も含めて、

 

それら自我のささやきを、相手にしなくなっている。

 

 

というのも、昨日の夜、眠りに落ちる寸前、

 

背後で神の流れそのものでいたとき、突然、

 

ふっ、と、誰かの一言を思い出し、そこから、

 

来週の仕事の段取りへと思考が発展していった。

 

エゴがささやいている、と思った。

 

 

次の瞬間、

 

「もう、そんなん要らんねん。うざい。消えろ」

 

とエゴに向かって、反射的にかなり強く叫んでいた。

 

ささやきがピタッと止まり、頭の中が静かになった。

 

と、次に、エゴに対するナゾの罪悪感が出て来た。

 

エゴを咎めてしまった、という罪悪感…。ナゾだ。

 

 

しかし、すぐに、

 

背後に広がる神の優しい愛の流れを思い出した。

 

ああ、自分はありもしないものを信じている。

 

「僕はもう、兄貴しか絶対に信じないっ!」

 

と宣言し、それから、再度、背後へと戻っていった。

 

f:id:shusaku1:20200906220139j:plain

 

それで、今日もオフィスで仕事をしていると、

 

コンババ部長から電話がかかってきて、

 

細かい経理上の事について訊かれた。

 

電話を切ると、もう一人の日本人が僕に向かって、

 

「星谷さんもいろいろ大変ですねえ」と言ってきた。

 

別に大変な内容の電話ではなかったのだが、

 

〝勝手な解釈で〟同情されたことにイラっと来た。

 

 

しかし、このときも即座に、エゴに向かって、

 

「はい。もう、ウソは信じません。」と言い放ち、

 

再び、背後の愛の歓びの中へと入っていった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

このように、

 

背後の神の歓びの流れの中に在るからと言って、

 

何も起こらなくなるわけではない。

 

しかし、子供がつくウソと同じくらい容易に、

 

それがでっち上げで、起こっていないと分かるので、

 

その都度、宣言して神へと戻っている。

 

そしてそれが、いまの僕の赦し、となっている。