香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

雨降り土曜日

f:id:shusaku1:20201009004407j:plain

 

今日の香港の気温は26℃。

 

ようやく、冷房無しで過ごせる季節となった。

 

夜は長袖のシャツを着ていても肌寒いくらいだ。

 

 

僕が自主トレ用に利用しているジムで、

 

またまた新型コロナ感染者が出てしまった。

 

それで、施設は一週間閉鎖されることになり、

 

自主トレもできなくなってしまったので、

 

今日土曜日は、一日家で過ごすことにした。

 

11時ごろに起きて、掃除と洗濯をし、昼食は、

 

デリバリーでベトナム料理のフォーを頼んだ。

 

それから、創作、瞑想、読書、映画、と、

 

うだうだまったり過ごした。

 

 

先々週の〝5連休ネット遮断お籠り〟以降、

 

創作は毎日続けていて、上手くリズムにも乗れ、

 

いい感じで筆が進んでいる。

 

映画も、

 

幽霊屋敷で一人一人殺されて行くやつとか、

 

巨大ワニに襲われるパニックものとか、

 

何も考えずに観れるものばかりをチョイスした。

 

瞑想では、背後の〝無限の全体〟に没入し、

 

そこで、全てと溶け合っている感覚を楽しんだ。

 

まあ最近では、仕事の時も、道を歩いている時も

 

〝そっち〟に〝逝きっぱなし〟状態なため、

 

生活をしながら瞑想しているような感じである。

 

 

よく、昭和のエロ小説なんかで、

 

絶頂に達することを〝逝く〟という言葉で

 

表現したりするが、まさにその通りで、

 

ずっと背後の神の愛の流れを感じていると、

 

ハートのエクスタシーがあふれだし、常に軽く

 

〝逝った〟状態で生活することになる。

 

 

なんて言うか、どんな人でも、好きっ、となり、

 

どんな物や環境や風景にも、キュン、とくる。

 

僕は男だから、この程度で済んでいるけれど、

 

これが女子だったら、マジでヤバいかも…。

 

f:id:shusaku1:20201001015438j:plain

 

そうやって夜、ベッドに大の字になっていると、

 

「ああ、オレ、もう、いつ故郷へ帰ってもいいや。

 

   もうこの夢の世界にこれっぽっちの未練もない。

 

   いま、このまま永遠に戻っても全然OKだよ」

 

という、心からの想いが込み上げて来た。

 

それは、この夢の世界がイヤだから、とか、

 

この夢の世界にうんざり、という気持ちではなく、

 

なんか、安らかで穏やかな気持ちから来ている。

 

どっちにいても別におんなじだし、だったら、

 

もうこのまま戻ってもいいや、みたいな…。

 

まあ、これも兄貴にお任せではあるが、

 

もう、この夢の世界が余生になりつつある。

  

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

しかし、やはり僕は、

 

奇跡講座を学べてよかったな、と思うのだ。

 

なぜなら、奇跡講座だけが、

 

どうしてこんな夢の世界が生じてしまったのか、

 

どうして神から分離してしまったのか、

 

どうしてこんな自我の夢を見ることになったのか

 

を、きちんと説明しているからだ。

 

 

だから、ただ、静寂で平安であるだけでは、

 

永遠に父が待つ故郷へは戻れないことも

 

承知している。

 

そのために、自我の囁きをきちんと認識し、

 

それを愛(兄貴)に昇華させることも学んだ。

 

 

そうやって、

 

背後の無限の全体に繋がって暮らしていると、

 

ジガ男の囁きが手に取るように分かる。

 

例えば、

 

朝4時まで映画を見ていると、

 

「明日の朝、8時起きやで。ヤバいでぇー」

 

というジガ男の声が聞こえてきたりする。

 

しかし、今、この瞬間しかないんだから、

 

未来を恐れて今を制限するのはおかしい、

 

と、逆に、ジガ男の声で今を思い出せたりする。

 

 

とまあ、そんな感じで、

 

この週末も秋の夜長の夜更かし三昧…。

 

 

👇 更新しましたshusaku1.hatenadiary