香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

完璧な大丈夫

f:id:shusaku1:20201024022105j:plain

 

今日は、エドワードも、日本人同僚も、

 

午後から有休を取って休んでしまったので、

 

一人、オフィスでお留守番をしていた。

 

 

月末の金曜日なので、出納帳を締めたり、

 

小切手を発行したり、と、結構忙しかった。

 

まあ、ひとりなので、YOUTUBEを開き、

 

昔の心霊番組などを見ながら仕事をした。

 

 

そういえば、以前、

 

一人オフィスで夜遅くまで残業をしていた時、

 

宜保愛子の昔の心霊番組を見ていて、

 

背中がぞくぞくした経験があったが、

 

まあ、今回は昼間だし、大丈夫だろう、

 

と思いながら見ていたら、

 

背中がゾクゾクしてきた。

 

「ほら、そこに、ひとり立ってますよ!」

 

と指差す宜保愛子の顔もやっぱり怖い。

 

と、急に電話が鳴り、飛び上がってビビった。

 

(※オフィスなんだから、電話くらい鳴るだろう)

 

 

他のスピ系動画でも見ようと思ったが、

 

見たいものがなかった。

 

以前であれば、スピ系の誰それさんの動画や、

 

非二元系の動画を漁るように見ていたが、

 

なぜかもう、全く興味をなくしてしまった。

 

すでに、自分の中だけで完結してしまっている。

 

仕方がないので、仕事に専念することにした。

 

f:id:shusaku1:20201024022124j:plain


というわけで、素粒子的日常は続いている。

 

背後(内側にある無限の全体)へと入り、

 

そこで僕が何かに意識を向けると、素粒子が、

 

ざわざわざわと波のようになって動きだし、

 

それが物質化されて、スクリーンに現れてくる。

 

引き寄せの法則ではないが、

 

僕たちは常に何かを意志して、

 

意識をそこへ向けることで素粒子を動かし、

 

結果、現実のスクリーンに何かを物質化させたり

 

意志した出来事を映し出しているのだ。

 

 

僕は、こういった引き寄せ的カラクリを使って、

 

意図的に何らかの自己実現をしたい、

 

とは思わないが、自分が完璧な愛の存在であり

 

無限の全体の中ですべてが繋がっていることを

 

常に感じて歓んでいると、シンクロにティが

 

自然に起こることも知っている。

 

 

また、陽子や中性子の中に存在する素粒子が、

 

愛(意志)と調和(意識)そのものだということも、

 

最近になってようやく腑に落ちてきた。

 

 

実際、比喩ではなく、

 

本当に空間がもわもわざわざわして見える。

 

今、この瞬間に全ての次元が折り畳まれていて

 

僕が素粒子に意識を向けると、

 

それに応じた次元がぞわぞわっと立ち上がる。

 

現実に何かが起こるわけではないが、

 

固く固定されていた空間のあらゆるものが、

 

粒でできた変幻自在なもののように見えるのだ。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

これからどうなっていくのかは兄貴のみぞ知る

 

なのだが、現実的な望みが出てきたとしても、

 

特に何かをする必要もないと解かっている。

 

自分はただ、神に開いて、

 

完璧に大丈夫なことを歓んでいるだけでいい。

 

 

まあ、あとの望みと言えば、

 

宜保愛子の心霊番組を見ても、

 

大丈夫になること、かな?

  shusaku1.hatenadiary.jp