香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

いまのボク

f:id:shusaku1:20201024021909j:plain

 

何の変哲もない、穏やかな秋の日曜日である。

 

香港では11月が一番過ごしやすい。

 

エアコンも必要なく、毎日爽やかな晴天が続く。

 

服装も、長袖シャツにカーディガンでOKだし。

 

 

それにしても、時間の過ぎるのが早すぎる。

 

素粒子感覚で生きるようになると、余計に、

 

3日前の事が、1ケ月前の事のように感じる。

 

 

で、素粒子感覚って何なんだ、という話だが、

 

これまでは、背後の無限の全体に戻ることで、

 

神の想い(ハートの悦、愛)を感じていたのだが、

 

最近では、あらゆる物や場所に偏在している

 

素粒子の中に、神はすでに内包されていて、

 

ああ、ここがそのまま全部、神の愛じゃん、

 

となってしまうと、誰が何をしていようと、

 

どんなことが起ころうと、愛以外の何者でもない

 

という感じに全てが見えてしまうのだ。

 

 

プロセスとしては、

 

・今、この瞬間に在る神を意識する

・自分責めを止める=神への抵抗を止める

・自分の背後にある無限の全体に気づく

・自分の背後を愛で満たし始める

・自分が愛そのもので、神と同じだったと気づく

・他者も自分と同じ存在だったと気づく

・愛でない場所なんて無かったことに気づく

 

と、こんな感じだろうか。

 

書いてみるのは簡単だが、このプロセスは、

 

すごくゆっくりと、何年もかけて獲得されてきた。

 

f:id:shusaku1:20201024021919j:plain

 

それから、最近、

 

兄貴とのコミュニケーションが活発化している。

 

波のようなエネルギーで会話をするのだが、

 

僕が奇妙な妄想劇場に耽っていたりすると、

 

肩をパーンッ、と叩(はた)かれたりする。

 

これはもう、普通に手で叩かれたように痛い。

 

また、素粒子の中の愛に気づき始めたときも、

 

量子力学について解かりやすく解説している

 

物理学者の動画を見せられたりする。

 

f:id:shusaku1:20201024022043j:plain

 

これは僕の場合だが、頭で考えている事、

 

例えば、

 

比較したり、過去を持ち出したり、分析したり、

 

することは全て100%ジガ男の囁きなので、

 

そんなときはすぐに気づいて、

 

「兄貴、兄貴、兄貴ーい」

 

と、兄貴へ方向転換する。

 

 

最初、仕事中に頭を使わないなんて無理だよ

 

と思っていたが、そう思い込んでいただけで、

 

実際やってみると、これが、案外できてしまう。

 

最初はちょっとメンドーだけど、ひとつひとつ、

 

あ、ジガ男だ、と気づいて、兄貴を選んでいくと

 

だんだん、ジガ男の声が小さくなってくる。

 

 

という感じで、今のボク、を書いてみた。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com