香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

有り難いが震えてる

f:id:shusaku1:20201103191015j:plain

👆今日はハイサンプレイスでうな重を食べた

 

なんだか気だるい金曜の夜である。

 

土曜日に洗濯や部屋の掃除をしたくないので、

 

〝今、この瞬間への抵抗〟をやめ、

 

今、アイロンがけと床のモップ掛けをしている。

 

以前は、ホイホイ、それぞれの部屋のゴミ箱に

 

ゴミを捨てていたが、回収が面倒なので、

 

今は、台所にある生ごみ用のゴミ箱へ

 

〝一点集中〟で捨てている。

 

しかし、ふっと我に返れば、花の独身貴族が、

 

金曜の夜にひとりアイロンがけなんて…、と、

 

ジガ男のささやきが聞こえてくるのだが、

 

これは実在ではない、と即行兄貴に明け渡す。

 

 

くうぅーっ!

 

チョイ姐、カムバッーク!

 

f:id:shusaku1:20201103191028j:plain

 

というわけで、小さな〝有難い感じ〟で、

 

みぞおちの辺りがひゅんひゅんしている。

 

そして、

 

この有難い感じは、不安感と同じものだった、

 

ということが最近ようやくわかってきた。

 

意識が、

 

見えている前側(自我側)へ向いているか、

 

見えない背後側(神側)へ向いているかで、

 

ハートの感じ方が180度変わってくるのだ。

 

それで、

 

今、有り難いなあと思えているということは

 

今、ちゃんと神と共に在るのだな、

 

と、感じられるのだ。

  

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

いまはもう、

 

ただ、ハートの愛の流れに任せている。

 

コツは〝決める〟ことである。

 

 

僕は、会社の仕事や、お付き合いなどで、

 

現実社会に集中しなければいけなかったり、

 

規則に従って行動せねばならない時、

 

「いまはこれに集中する」と決めて行動する。

 

会議で発表している時でも神を思い出す、とか

 

会社の飲み会の時にも、今この瞬間にいて…、

 

といったことはやらない。

 

今は思い切りテンパりながら発表する、

 

今は同僚と思い切り愚痴を言い合う、と、

 

〝凛と決めて〟そうする。

 

そして、それが終わったらまた神に戻る。

 

そうしていると、無駄な自分責めがなくなるし、

 

慣れて来れば次第に、

 

会議の時でも、会社の飲み会の時でも、

 

愛のまま日常を生きれるようになってくる。