香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

誰にも奪えない

f:id:shusaku1:20201115011149j:plain

 

V・E・フランクルの『夜と霧』を読んでいる。

 

日本のアマゾンで購入し、昨日届いた。

 

つい最近まで僕はこの本の存在を知らなかった。

 

しかし、何でかわからないのだが、ここ数日、

 

至るところでこの本の事を耳にするようになり、

 

これは何かあるかも、と思って購入した。

 

 

ナチスの強制収容所を生き抜いた心理学者が

 

書いた本なのだが、すごく有名な人らしい。

 

収容所でこんなことされた、あんな目に遭った、

 

ということには一切重点を置かず、あくまでも、

 

その時の頭の中がどうだったかを描いている。

 

原本に沿って訳しているからか、新版なのに、

 

変わった(ヘンな?)日本語がいくつも出てくる。

 

f:id:shusaku1:20201115011651j:plain

 

持ち物、家族、地位、プライド、食物、人間らしさ、

 

肉体以外の全てを奪われ、

 

過酷な労働に従事させられる、

 

まさに地獄の毎日の中で、

 

作者は、頭の中(心の中)にある〝愛の場所〟

 

を見つけ、そこにある愛だけは、

 

たとえナチスであっても奪うことはできない

 

ことを知った。

 

優しい妻はいつもその場所におり、

 

優しい笑顔で答えてくれる。

 

実際の妻が生きていても死んでいても関係ない。

 

そして、妻が象徴しているのは無限の〝愛〟だ。 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そうなのだ。

 

ナチスがいくらユダヤ人を迫害しようと、

 

中共がいくらウイグル人を苦しめようと、

 

その人の心の中にある思い(平安)だけは、

 

絶対に潰すことなどできないのだった。

 

 

心の中で何を想うかは、その人だけのもので、

 

誰にも奪うことなどできない。

 

そして、その想いの中に真の自由(神)が在る。

 

 

僕も 「もう背後(心の中)だけでいいんだ」と、

 

本当にそこだけで生き始めている。

 

そこには無限の豊かさが息づいており、

 

それが神から与えられた贈り物なのだ。

 

👇 更新しました

shusaku1.hatenadiary.jp