香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

前には何もない

f:id:shusaku1:20201124183528j:plain

 

 👆僕の絵の能力ではこのクオリティが限界!

 

最近、

 

前方側と背後側という言葉を連発しているが、

 

自分の理解の為にも、

 

ここで少し整理してみようと思う。

 

 

先ず、前方側と言うのは、意識が、

 

目に見えている前側の世界を向いていことで、

 

背後側と言うのは、意識が、

 

目に見えない後ろ側の世界に向いている、

 

という意味で使っている。

 

 

また、

 

前方側へ向かう意識は、他者のことを、

 

前方に見えている肉体として認識しており、

 

背後側へ向かう意識は、他者のことを、

 

背後に存在する霊として認識している。

 

前方側へ向かう意識では、

 

肉体を突き抜けた向こう側に他者の意識があり、

 

背後側へ向かう意識では、

 

背後の無限の全体に他者の意識が存在する。

 

 

そして、

 

前側の肉体同志のやり取りから生まれる感情が

 

自我の投影となり、

 

後方の霊同士でのやり取りから生まれる愛が、

 

神の反映となる。

 

 

なので、

 

肉体の目で見える世界だけを感じていると、

 

バカ、と言われたら、なんだとーっ!

 

と言い返す世界となり、

 

そこには分離した自我同士の戦いが投影され、

 

背後の無限の全体を通して世界を感じると、

 

背後から回り込んできた神の愛が、

 

前方のスクリーンの裏側から滲みだしてきて、

 

見えるもの全てに愛と豊かさの反映を感じる。

 

f:id:shusaku1:20201124183516j:plain


👆後ろから回って前から出てくる 

 

 

何が言いたいのかと言うと、

 

僕たちは、皆同じように、肉体を持ちながら、

 

この夢の世界を生きているのだけれど、

 

前方側=自我(罪悪/恐怖)を向いているか、

 

背後側=神(愛/平安)を向いているかによって、

 

分離や欠乏を〝投影した〟夢を見たり、

 

愛や豊かさを〝反映した〟夢を見たりする。

 

 

この投影と反映を混同してしまうと、

 

せっかく、神の豊かさの反映を感じているのに、

 

自分はエゴの世界を豊かだと感じている、とか、

 

エゴの豊かさなんてどうでもいいんです、

 

というような矛盾した思考に行きついてしまう。

 

 

なので僕は、

 

もともと無い自我(前方側)を見るより、

 

実存である神(背後側)へ意識を向けている。

 

そして、本当に在るものを智ると、

 

これは無い、あれは無だ、と言わなくても、

 

自然と無いもの(罪悪)は消えて行くのだった。

 

 

しかし、大抵、ほとんどの人は(僕も含めて)、

 

肉体(前方)の世界と、霊(後方)の世界を、

 

行ったり来たりしている。

 

嫌いな人にアイツムカつくーとやる一方で、

 

大好きな歌手が歌う愛の歌に涙したりする。

 

ただ、嫌いな人にイライラする世界と、

 

大好きな歌手の歌に涙する世界を、

 

物質世界(前側)の中だけで見ようとするから、

 

この歌に涙する自分はエゴに騙されている、

 

とか、この世界に豊かさはない、と思ったリする。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

世界を投影で見るか、反映で見るか、

 

はっきり、力強く、決断する。

 

反映で見るなら、たとえ夢の中であっても、

 

神しか存在しないとわかるだろう。

 

そして、すでにここが天国であることも…。

 

まあ、僕も24時間そうなってはいないけれど

 

神側(愛)だけを選ぶ決断だけはできている。

 

 

コツは(そんなものがあるとすれば)

 

前側を見過ごすこと、前側をスルーすること、

 

反映されてきた愛をきちんと感じて、

 

背後へ循環させることだ。

 

 

神の愛は、後ろを回って、前から出てくる。

 

相手の中から光を放って滲みだしてくるのだ。

 

 

そう、畑中葉子は真理を歌っていたのだ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com