香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛に変わる自我

f:id:shusaku1:20201123182850j:plain

 

こんなことを書くと、

 

正統派コース兄弟の方々から、

 

大バッシングを受けてしまいそうなのだが、

 

僕は自我と聖霊って同じものだ、と感じている。

 

 

自我と聖霊、という、

 

相反する二つのものがあるのではなく、

 

自分が神(愛)を選ぶことで、

 

本来自我のように見えていたものが、

 

聖霊として顕現してくる。

 

 

これまで自分の中で、

 

愛を求めて叫んでいた自我が、

 

内側の愛に気づき、愛が満たされるにつれ、

 

愛そのものである聖霊へと還ってゆく。

 

その際、まるで自我が消滅して、

 

かわりに聖霊が姿を現したように見えるが、

 

愛を求めて叫んでいる姿も愛だった、

 

と理解が進んでくると、自我と聖霊は同じ愛で、

 

ひとつのものの別の側面に過ぎない、

 

ということが分かってきた。

 

そして、最後に自分の全ては聖霊へと収斂され

 

歓んで神の一歩を受け入れて消えてゆくのだ。

 

 

なぜ、この境地に至ったかというと、

 

今、この瞬間に在る神への抵抗をやめ、

 

無限の全体側に在る神の想い(愛の流れ)を

 

受け入れてゆくに従い、

 

これまで、愛を求めて泣き叫んでいた自我が、

 

愛そのものとして見えだした。

 

その瞬間、もはやそれは自我ではない、となり、

 

聖霊兄貴やん、となった。

 

 

これはあくまで、僕の体験に基づいているので、

 

権威ある人の言っていることと違うかもしれない。

 

ただ、何を言いたかったか、というと、

 

自分の心の内側に訊いて、

 

内なる声の方が正しいのではないか、

 

と思えたことは、誰が何と言おうとそっちが正しい

 

ということだ。

 

f:id:shusaku1:20201119185913j:plain

 

というわけで、今日は土曜日、完全お籠りだっ!

 

まる一日、小説を書いて過ごした。

 

こんなの誰が読むんだ、というエロい小説。

 

いまはもう、本にして多くの人に読んでもらおう、

 

というより、書いていて楽しいーっ、という、

 

ハートの悦びを感じているだけでエクスタシーだ。

 

吉本新喜劇を見ながら昼食を取る。

 

水餃子とチャーシュー、夜はお弁当を取った。

 

こうして、ゆるゆると一日が過ぎてゆく。

 

ああ、極楽、極楽~っ!

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com