香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

風の時代

f:id:shusaku1:20201220031626j:plain

 

昨日、アフタヌーンティーの前に、

 

一か月前に予約していたヘアサロンへ行き

 

パーマとヘアカラーをしてもらった。

 

パーマなんて、ホント何十年ぶりだろうか。

 

もっと毛がクルクルして、

 

千円札の人(野口英世?)みたいになるのか、

 

と思っていたら、そんなことは全然なく、

 

おしゃれな感じに仕上がり、悪くない。

 

それに今はパーマ液も進化していて、

 

髪への負担が少ないのだという。

 

パーマ、ヘアカラー、カット、シャンプーで、

 

3時間かからなかった。

 

料金は日本円で約27,000円でした。

 

 

f:id:shusaku1:20201221004649j:plain

👆 27,000円かけて野口英世になる

  英世が27枚!ううーっ…。

 

このスタイリストさんとは、

 

滝廉太郎カット⇒ゲスの乙女金髪マッシュルーム

 

ツーブロックカット⇒ゼロフェードカット⇒

 

刈り上げに線⇒分け目に5ミリの線⇒パーマヘア

 

と、あらゆる髪型に挑戦してきたが、

 

次どうする?という話になったとき、

 

一度日本の原点に戻ろう、ということになった。

 

日本男児の原点となる髪型と言えば、

 

高校球児に高倉健、スポーツ刈りである。

 

 

で、来年、春の高校野球センバツの頃までに、

 

高校生も思わず真似したくなるような、

 

お洒落なスポーツ刈りを考えて貰うことになった。

 

 

f:id:shusaku1:20201220031635j:plain

👆 友人からは、ひじきが泳いでいるみたい

  と言われた。

 

 

というわけで、日曜日は家で寝て過ごした。

 

そういえば明日は冬至なんだね。

 

この冬至の日を境に風の時代が始まり、

 

人類の意識が変わると言われているけれど、

 

僕に関して言えば、内面的にはすでに、

 

急激な変化を遂げつつある。

 

 

今日も昼寝をしていたとき、ああ、もう、

 

一人一人がどう、とか、一つ一つの出来事がどう

 

というふうに見てゆく時代は終わったんだなあ、

 

という思いが、しみじみとこみ上げてきた。

 

そしてこれからは、

 

ひとつの全体だけで全てを捉えればいいんだな、

 

という、心底腑に落ちた理解に包まれた。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

たとえば、一人部屋で何やかやしていると、

 

自然に様々な思考が立ち上ってくる。

 

「何であの人、俺のLINEに返事してこないんだ」

 

「昔言われたあの一言、ちょっとむかついた」

 

といった〝ふっ〟の思いから妄想劇場が始まる。

 

しかし、今ではもう「あ、これジガオだ!」

 

と気づいた時点で、

 

この思いは自分とは別物だと分かり、

 

すうーっ、と気持ちが軽くなって、

 

即座に無限の全体へと戻ってゆけるのだ。

 

あ、自我だ、と気づくと同時に、

 

これは嘘で、でっちあげで、無なことに、

 

頭で、とか、言い聞かせ、とかではなく、

 

ペンを見て、これはペンです、と言うのと、

 

同じくらいの確かさで気づけている。

 

ひょっとして、これが風の時代なのかも…。

 

それで、僕の髪も、

 

風に吹かれたように波打っているのか?