香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ボクと兄貴とお父さんの島

f:id:shusaku1:20201229230237j:plain

f:id:shusaku1:20201229230643j:plain

👆 銅鑼湾(地下鉄)→彩紅(バス)→

  西貢(バス)→黄色埠頭(フェリー)→

  搭門埠頭 ※計三時間なり!

 

 

今日は香港の東に位置する離れ小島、

 

搭門(Tap Mun)へ日帰り旅行に行って来た。

 

この日の香港の気温は摂氏20度、快晴、と、

 

もうまさに香港では滅多にない旅行日和だった。

 

f:id:shusaku1:20201229230251j:plain

 

f:id:shusaku1:20201229230319j:plain

 

大澳(Tai O)へ行ったときもそうだったが、

 

島へ行くまでが大変だった。

 

7時半に家を出て島に着いたのが10時半、

 

電車とバスとフェリーボートを乗り継ぎ、

 

片道三時間の道のりだった。

 

それでも行くだけの価値はあったと思う。

 

f:id:shusaku1:20201229230022j:plain

f:id:shusaku1:20201229225948j:plain

👆 閑散とした島のメイン通り

     島の若者はもういない 

 

島はちんまりしていて、

 

大澳(Tai O)のように観光地化もされていない。

 

住民も老人ばかりで、皆のんびり暮らしている。

 

本当にここは香港かと思うほど、

 

人も、景色も、時間も、別世界だった。

 

海は海底の岩が透けて見えるほど澄んでいて、

 

ウニや白子が特産物なのだという。

 

f:id:shusaku1:20201229225928j:plain

f:id:shusaku1:20201229230006j:plain

f:id:shusaku1:20201229230411j:plain

👆 朽ち果てた空き家も多い

 

光り輝く陽光と、爽やかな潮風を受けながら、

 

ゆっくりとした足取りで島内を散策する。

 

島は、やすらぎと穏やかさに満ちていた。

 

植物、海、風、空、太陽、船、波、花、

 

今、この場所に現れている〝無限の全体〟を

 

味わいながら歩を進めた。

 

これはまた、

 

自分の本質に気づいている、今に気づいている、

 

果ては、神に気づいている瞬間でもある。

 

f:id:shusaku1:20201229230118j:plain

f:id:shusaku1:20201229230034j:plain

👆 街灯も電気もトイレもない島の裏側

     UFO目撃談も多数
 

島の裏側は断崖絶壁になっていて、

 

なぜか、多くのカップルがキャンプをしていた。

 

夜になればきっとテントの中でふたり、

 

こんなコトしたり、あんなコトしたり、

 

するんだろうなあ、と想像する反面、

 

準備とか、片付けとか、トイレとか、

 

なんか面倒くさそう、と思いながら通り過ぎた。

 

f:id:shusaku1:20201229230101j:plain

f:id:shusaku1:20201229230135j:plain

👆 本当にここは香港か、と叫びたくなるほど

   海の水が澄んでいる 

 

2時間ほどかけて島を一周した。

 

陽の光を浴びながら歩くのは本当に久しぶりだ。

 

空気も心地よく、歩いても全く汗をかかなかった。

 

 

明日の事や過去の記憶が浮上してこない

 

〝自分に気づいている〟状態で散策していると、

 

やがて〝気づいている〟という感覚から、

 

自分はもともと〝気づきそれ自体〟だった、

 

という真理へのシフトが起こった。

 

自分はひとつの心そのもので、それ自体だった。

 

f:id:shusaku1:20201229225908j:plain

f:id:shusaku1:20201229225836j:plain

f:id:shusaku1:20201229225854j:plain 👆 仕切り板の設置やアルコール消毒、

   お客の入場は二人まで、と、 

      こんな離島でも三密対策は徹底されている

      違反すれば営業許可取り消しとなる

   12月なのにみんな半袖!

 

 

島に三軒あるレストランの一軒で昼食をとった。

 

注文を取りにきた90歳くらいのおばあちゃんが、

 

「わたし手が震えるから、注文をここに書いて!」

 

と紙とペンを渡されたので、イカ墨のつみれと、

 

名物のウニチャーハンを書いた。

 

チャーハンはもう、ウニの味しかしなかった。

 

そのままやん!でも、美味しかったけど…。

 

f:id:shusaku1:20201229230730j:plain

f:id:shusaku1:20201229230610j:plain


2020年の年末、ここへ来れて本当に幸せ。

 

今日でクリスマスの5連休が終わり、

 

明日30日が香港では仕事納め。

 

そのまま4連休の後、続けて在宅勤務となる。

 

なんか、ずっと休んでいる感覚…。

 

そして、思った。

 

日常に戻っても、もう、ずっとこのまま、

 

この幸せで優しい感覚のままでいていいんだ、

 

と…。

 

なぜなら、

 

自分はすでに無限の平安それ自体なのだから…。

 

 

👆 会社でレプティリアンについて語り合っていた

  マチュピチュでの不思議体験も懐かしい!

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com