香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

年末あれこれ

f:id:shusaku1:20201231181111j:plain

 ☝コロナ禍で一般患者は殆どいない

  

 

昨日は何年ぶりかで、

 

僕の主治医であるケネス・ホー医師を訪ねた。

 

お腹や二の腕が異常に乾燥し、痒くてたまらず、

 

ローションを塗っても症状は改善されるどころか

 

皮膚がカサカサにかぶれはじめていた。

 

 

ブログを調べてみると、

 

前回ホー医師を訪ねたのは2016年10月だった。

 

20年間もお世話になっているホー医師だが、

 

もうかなりの年齢で、4年前より老けて見えた。

 

 

 

症状を説明し、患部を見せた。

 

ナイロン製の下着を着ているかと聞かれ、

 

見てみると、ユニクロで買った、

 

ナイロン地のアンダーシャツを着ていた。

 

乾燥する季節になって、静電気が起こり、

 

皮膚を傷めてしまったのだとホー医師は言った。

 

そういえば、この身体にぴったりと貼りつく、

 

海老蔵が宣伝しているシャツを着始めてから、

 

症状がはじまったような気がする。

 

 

かゆみ止めの薬と、塗り薬を処方してもらった。

 

で、この日の診察料は、

 

1300香港ドル(約19000円)也。

 

会社が保険に入っててくれて本当によかった

 

とつくづく思う。

 

 

歯科医のリリー先生もそうだが、

 

僕の主治医も高齢化している。(患者の僕も…)

 

次回行ったときも、まだ現役でおられるかは

 

神のみぞ知る、である。

 

 

f:id:shusaku1:20201229225817j:plain

 ☝ この木徑の中だけ空気が違う

    全てに祝福されているような感じ

  (塔門にて)

 

 

帰宅してから薬を塗る。

 

僕はこれまで、大きな病気をしたことがないので

 

身体に変調があっても、医者に見せれば治る、

 

という、大雑把な自信がある。

 

スピ的なことは一切考えない。

 

信頼できる医者が処方する薬で、

 

さっさと治してしまう。

 

体のことでも、生活のことでも、仕事のことでも、

 

周囲の兄弟をみんな兄貴だと思っているので、

 

困ったときには、自分であれこれやらず、

 

助けてーっ、とお任せしてしまう。

 

すると、大体誰かが、なんとかしてくれるのだ。

 

多分、これが僕の〝末っ子気質〟なのだ。

 

☟ 末っ子気質についての記事

blog.hoshitani-shusaku.com

 

f:id:shusaku1:20201229225742j:plain

☝塔門の島でこの小径を通った時

 なにかとてつもなく神聖なものを感じた

 

 

話は変わって、

 

相手から攻撃されていると感じたら、先ずは、

 

自分で自分を責めていないかをチェックする、と、

 

以前の記事で何度も書いているが、これはまた、

 

神を責めていないかをチェックすることでもある。

 

 

もともと、神を攻撃したと思いこんだところから、

 

そんな自分は最悪だ、救われない、ダメな存在だ

 

と、出来事にすり替えて自分を責めているので、

 

罪悪の夢を終わらせるには、なにはともあれ、

 

私はもう自分(神)を責めない(攻撃しない)、と、

 

決然と決めることからはじめる。

 

その上で、自分なりの方法、僕でいえば、

 

今この瞬間に顕われている神を心から味わう、

 

とか、他人の小さな優しさに対する感謝、

 

といった中に、神の反映を見とめ、感じてゆく。

 

神を攻撃しているという実感は湧かなくても、

 

自分を攻撃しているかどうかは、

 

自分の事なので、さすがに分かると思うからだ。

 

 

f:id:shusaku1:20201229225758j:plain

☝ ここを通っている間、

  暖かい何かに包まれている感じがした 

 

 

心の中で自分を責め過ぎている兄弟は、

 

まずここからやらないと、いくら頭の中で、

 

攻撃されているのは夢であり、本当ではなく、

 

何も起こってない、とやったところで、

 

もともとは、自分を責める思いが、

 

他者に自分を攻撃させているので、

 

結果、攻撃される夢が延々続くこととなり、

 

いつまでたっても世界は終わらない。

 

 

また、この罪悪の夢は聖霊に委ねたので、

 

わたしには関係ありません、とやっても、

 

実際には、そんな世界でご飯を食べたり、

 

仕事をしながら〝生きて〟いるわけで、

 

それがたとえ夢の人生であれ、

 

日々の出来事にどう対処していくかを

 

決めているのは〝自分〟だからだ。

 

 

聖霊はもともと自分の心の中に存在するので、

 

自己否定をして自分の心を無視している限り、

 

聖霊に委ねることはできない。

 

第一、聖霊はどんなことがあっても責めないので

 

聖霊に委ねながら、自分が好きじゃない、

 

なんてことは、絶対に、絶対に、ない。

 

 

また、どうすれば自分責めを止められるか、と、

 

そのメソッドに意識を向けることも多いと思うが、

 

これはもう「今晩、本当は何が食べたい?」という

 

レベルから自分の本音と向き合うしかない。

 

 

☟ 過去のケネス・ホー医師

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

というわけで、今日は大晦日。

 

でも、まったくお正月の感じがしない。

 

香港も、

 

昨日と打って変わって極寒、摂氏7℃だ。

 

暖房フル回転でおこもりん。

 

では、みなさん、よいお年を!

 

 

 ☟ 更新しました!

shusaku1.hatenadiary.jp