香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

5分後でもよくってよ

f:id:shusaku1:20201229230705j:plain

 

今日で三が日も終わりである。

 

今年の年末年始は香港でも寒かったあ~。

 

去年の年末の朝に出社したときのことだが、

 

トイレでエドワードが呼ぶので行ってみると、

 

トイレの壁に霜が降りていた。

 

もうエドワードは、香港では珍しいと大騒ぎで、

 

何枚も写真を撮りまくっていた。

 

f:id:shusaku1:20201229230344j:plain

 

この連休中は、毎日一時間ほど瞑想をしていた。

 

どんな時でも、

 

自分は神しか感じることしかできていなかった、

 

と完全に悟る。

 

もう、いつ肉体を脱いでもいい、と思う。

 

なんていうか、この世界で、何やかやしながら、

 

ベール越しに神や天国を感じているのが

 

何とも煩わしく、空しく感じられるのだ。

 

長居は無用、

 

店じまいをしてさっさと帰還したい。

 

 

年が年なので、やりたいことは一通りやったし

 

特に思い残すようなことも、これと言ってない。

 

今はまだ家族がいるので無理ぃ~、とかもない。

 

強いて言えば小説を書くことだが、

 

これだって、すでに本も何冊か出せたし、

 

そんなに執着しているわけではない。

 

 

そこで、

 

今、聖霊兄貴がやってきて、じゃあ10分後に…

 

と言われても大丈夫か、と自問してみた。

 

答えは、ソッコーでYESだった。

 

なんなら5分後でもオーケー。

 

もう即答だった。

 

数年前にも同じ質問を自分にした覚えがあるが、

 

その時は、まだちょっと待って、と躊躇した。

 

じゃあ、当時の自分と、今の自分の間には、

 

一体どんな差があったのか、と考えてみたところ

 

当時の自分はまだ、色んなものを恐れていたが

 

今の自分は、恐れていない、ということだった。

 

なんていうか、今の自分は、

 

神の愛を神の愛として、正しく感じられているので

 

神に対する恐怖がほとんどなくなっている。

 

まあ実際、突然、神にバッ、と襲いかかられると、

 

「まだちょっとどうかな?」という部分はあるが、

 

それならそれでもいい、と思えていたりする。

 

☟ 僕の〝ちょっと待ってよ〟時代

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

もう、こんな意味のない世界はうんざりなんです、

 

父が待つ故郷へ永遠に帰還したいんです、

 

と思っていても、

 

じゃあ5分後に迎えに来ますと言われ、慌てて、

 

見られてはまずい色々な物を処分したり、

 

家族に残すべき様々なものを準備しているうち、

 

再度現実に戻ってしまい、

 

最終的に時間切れアウトー、みたいなことなど

 

少なくとも僕の場合は、絶対に無い。

 

 

 

と思う。多分…。