香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

歓天喜地

f:id:shusaku1:20201229230629j:plain

 

コロナ禍の影響で、

 

生活の速度が緩やかになっているからか、

 

今、この瞬間に顕われてくるものを、

 

よく見つめ、よく感じ、よく噛み締めながら、

 

慈しんで過ごすようになってきている。

 

 

例えば、

 

以前はテレビやスマホを見ながら、

 

さささ、と終わらせていた昼食や夕食も、

 

食べている間だけは電子機器類を全てオフにし、

 

食べ物をゆっくり味わうようにして食べている。

 

すると、とんかつの味、カレーの味、餃子の味、

 

など、それぞれの全く異なるその味わいの奥に、

 

ひとつの共通した同じ〝味わい〟が

 

流れていることに気づく。

 

それは、ケーキであろうが、漬物であろうが、

 

全く変わらない、幸せな愛の感覚だ。

 

 

また、マッサージを受ける時、

 

僕はマッサージ師とは一切会話をせず、

 

身体に感じる気持ちよさだけに集中する。

 

押しては返す指圧の振動の奥から、

 

〝愛してる〟というエクスタシーが湧いてくる。

 

 

最近では、同僚や、店員さんや、道行く人々、

 

果ては、自動車、ビル、映画、歌、洋服、など、

 

あらゆる人やモノや事がらの中に、

 

同じ〝法悦感〟を感じるようになった。

 

f:id:shusaku1:20201229230222j:plain

 

そうやって、

 

おいしい、とか、気持ちいい、とか、大好きーっ、

 

としか表現のしようがない〝神の意志〟を、

 

独りでじっくり感じ尽くしているうち、

 

ああ、この神の感覚は自分の内側で起きている、

 

すなわち、世界の中に神が在るのではなく、

 

自分の内側にすでに〝神〟はあったんだ、

 

という理解が起こった。

 

一なる神の思いを通して世界を見るから、

 

何を見ても、何を食べても、何をやっても、

 

神という一つの感じ方しかできなかったのだ。

 

f:id:shusaku1:20201220031515j:plain


 

スマホを閉じ、お喋りをやめ、ひとりに留まって、

 

おいしさを感じている、気持ちよさを感じている、

 

愛情を感じている、安らぎを感じている

 

という感覚の裏に流れている、同じひとつの、

 

なんだかすっごくいい感じ、にアクセスする。

 

それが、自分は神と同じ愛そのものだった、

 

と気づいていることになる。

 

 

また逆に、怒りを感じている、不安を感じている、

 

というネガティブと言われている感覚でさえ、

 

逃げずにようくようく感じてゆけば、その奥に、

 

〝神のオーガズム〟が潜んでいたことが分る。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

そういう意味で、

 

今回のコロナ禍は僕を根底から変えてしまった。

 

以前のように、

 

出張出張で、あちこち飛び回っていたら、この、

 

〝神の歓びの想念〟に気付けなかっただろう。

 

なぜなら、

 

この微妙で繊細な〝神の感じ〟に気づくには

 

ひとり静かにしていることが必須条件だからだ。