香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

ここに在るわたし

f:id:shusaku1:20210111231600j:plain

 

寒いよう、寒いよう、寒いよう~っ!

 

今朝の香港は摂氏7℃だった。

 

なのに、オフィスではエドワードが冷房をつけ、

 

ダウンジャケットにマフラー姿で仕事をしている!

 

ど、ど、どういうこと?

 

空気が流れていないと息ができないんだって!

 

ケリーだけではなく、お前もかっ!

 

冷たい空気=きれいな空気、ではなーいっ!

 

彼もやっぱり香港人だったのだ。くうぅーっ。

 

僕はもう足元の温風器全開にし、

 

自分のデスクから一歩も離れずに過ごした。

 

f:id:shusaku1:20210111231615j:plain

 

今日は日本本社が成人の日で休みだったので、

 

メールもチャットもなく、仕事がはかどった。

 

ここぞとばかりに事務仕事を片付けた。

 

ようし、今日は4時きっかりに退勤するぞ!

 

帰りにあのビアカフェでビールを飲んで帰ろう!

 

と頑張っていたら、日繰り表の残高が合わず、

 

何度もチェックしているうちに、5時前になり、

 

結局、カフェが閉まる6時に間に合わなかった。

 

 

東京も飲食店は8時までということらしいが、

 

香港の飲食店は全て6時で閉店である。

 

ジムへも1カ月行ってない、そろそろ家トレを

 

やらなきゃ、と思いながら通りを歩く。

 

途中、お弁当屋さんの前を通った。

 

鶏肉、卵、ソーセージ、野菜、コンビーフが、

 

丸いお弁当の中にちんまりと収まっている。

 

ひとつ買い、家で坂上忍が司会をしている

 

ワイドショーを見ながら食べた。

 

めっちゃ美味かった。しばらく通ってしまいそう。

 

f:id:shusaku1:20210111231753j:plain

 

 

赦す必要のない一日、起こっているだけの時間、

 

いま、ここに在る神を味わっている。

 

空間を通して、自分自身の本質を感じている。

 

 

例えば、

 

明日やること、漠然とした不安、過去の出来事、

 

隣の人の声がうるさい、など、

 

いま、ここに在る神の平安から離れる理由は、

 

探せばいくらでも出てくるかもしれない。

 

しかし、これらの事でさえ、大切な愛だった、と、

 

理解できてからは、慈しめるようになった。

 

 

明日あれやらなきゃ、なんか不安だよう、

 

あの時悲しかったな、あいつうるせーよ、

 

「自分も一緒に愛(聖霊)に変わらせてくれよ」

 

と自分の中から愛を叫びながら出てきた感情を、

 

ハエ叩きで叩くように扱うなんて、

 

そんなの、自分があまりに可哀そうすぎるよ。

 

 幻想であろうとなかろうと、

 

いま〝それ〟を感じているのは事実であり、

 

〝それ〟を感じているのは自分自身である。

 

 

その感情が悪いのではなく、問題は、

 

それを忌み嫌っている、幻想の自分にある。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com