香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

〝やるせなさ〟という愛

f:id:shusaku1:20210111231641j:plain

👆 民主派の釈放を訴える署名運動

 

 

いま、 

 

「嘘の自分でみんなから好かれるくらいなら

 

 本当の自分で嫌われた方がマシ」

 

と言った、アメリカのミュージシャン、

 

カート・コバーンの言葉を噛みしめている。

 

(彼は27歳でピストル自殺をした)

 

 

f:id:shusaku1:20210111231652j:plain

 

今日も在宅勤務で、

 

財務諸表をチェックしたり、資料作りをしたり、

 

いろいろやることがあって忙しかった。

 

その中に《目標管理設定》というのがあるのだ。

 

多くの会社で採用されていると思うのだが、

 

自分が今期中に達成すべき目標を設定し、

 

期が終わると、上司や社長と面談し、

 

その達成程度に従って評価される、というやつ。

 

 

健全な財務体制の確立、とか、

 

各拠点への的確な業務サポート、といった、

 

部門ごとの大きな目標がいくつかあり、

 

それに沿った形で個人の目標を考える。

 

で、新しい期に入ったので、

 

自分の書斎で目標を考えていたら、突然、

 

何とも言いようのない〝やるせなさ〟が、

 

自分の内側から、わわわ、と込み上げて来た。

 

 

全く自分が目標にしたいとも思っていない目標を

 

会社の指示に従って、一生懸命考えている。

 

そして、会社によって設定された目標が、

 

〝管理〟され〝評価〟され、それが、

 

自分の〝価値〟となることに気づいて、

 

ひゃああー、となった。(👈おせーよ!)

 

 

 自分の魂の本質と合わない場所で、

 

自分の魂の本質と違う事をやっているのに、

 

何も考えず、殆どの時間を無為に過ごしている。

 

それなのに、自分が望まない型の中に、

 

平安、無限、静けさ、創造そのものである

 

自己の本質をはめ込もうともがいている。

 

この本質とズレていることに対する抵抗が、

 

〝やるせなさ〟として顕われていたのだ。

 

 

 

f:id:shusaku1:20210111231628j:plain

👆 「偽りの自分で生きながらえるより、

   本当の自分で死んだ方がマシ」

   

 

これまで僕は、

 

「ま、会社ってこんなもんだよ」

 

みたいな感じで、何も考えずにやってきた。

 

しかし、

 

あの〝国慶節飛び降り寸前事件〟の際に感じた

 

理由のない不安感、言いようのない虚無感は、

 

本質との〝ズレ〟から来ていたと今なら分かる。

 

 

こう書くと

 

「これも幻想であり、真実ではない!」

 

「聖霊にこのやるせなさを委ねます」

 

とやりがちだが、僕的には「ノー!」だ。

 

 

いまの〝ズレた〟場所に居ることを

 

決めたのは他でもない自分だし、

 

その場所に居るのが苦しいのなら、

 

そこから離れる、と決断できるのも自分である。

 

無いものにしたり、決断を他の何かに委ねるのは

 

まさに、

 

自分の中に在る無限の可能性から逃げている。

 

 

今日はこの〝やるせなさ〟という感情が、

 

〝決断する強さ〟を教えてくれた。

 

だから、このやるせなさも愛からきている。

 

というわけで、

 

僕の心の反映の場であるこの夢の世界も、

 

今後大きな〝転換〟を起こしていくと思われ…。

 

その勇気を持てたことがうれしい。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com