香港さんといっしょ! 純粋非二元を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

感じる極意

f:id:shusaku1:20210122011111j:plain

 

 

前回書いたように、金曜は朝8時出勤であった。

 

6時半起き!眠い!

 

ランチまでの時間がすっごく長く感じる。

 

 

以前の過去記事を見たら、朝5時に起きて、

 

深圳の工場へ通っていた時期もあったんだね。

 

その当時の写真や文章の中には、

 

その時代を必死で生きている自分がいた。

 

だが、顕われては消えてゆく姿そのままに、

 

人も、物も、状況も、今では何も残っていない。

 

残っているのは、ブログの写真と文章だけ、

 

つまり、記憶だけである。

 

 

そういう意味で、

 

今、歓んでいようと、苦しんでいようと、

 

僕達はただ、

 

消えてゆく姿を消えてゆくものとして

 

見送っていくことしかできないのだな、と思った。

 

しかし、当時のその瞬間瞬間に感じていた、

 

愛おしいという想いや、悦びの気持ち、

 

平安や充足感といった感覚だけは、

 

今、この瞬間も僕の心の中に息づいていて、

 

いつでも〝味わう〟ことができる。

 

だから、肉体としてのあの人はもういなくても、

 

形の上で、

 

あの素晴らしい出来事は過ぎ去っていたとしても

 

その瞬間に味わった、大好き、ありがとう、

 

といった、愛や感謝の〝想い〟は、

 

今、心の中で瞬時に蘇らせることが可能である。

 

そして、その不変の想いを感じることが、

 

〝神を思い出す〟ということなのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210122011125j:plain

 

 

背後の無限の全体側で生きるようになると、

 

あの素晴らしい出来事が、

 

今も、現実に続いている必要など全然なく、

 

むしろ、

 

内側でずっと続いている感じになる。

 

 

外で何が起きているかを見るのではなく、

 

何を感じているか、にフォーカスしてゆくことで、

 

外に見えている映像はひとつ残らず幻影であり、

 

起きては消えてゆく波の泡ぶくのようなものだ、

 

ということを〝知る〟のではなく、

 

〝感じられる〟ようになる。

 

 

👇 深圳工場時代のボク

  みんな跡形もなく消えてしまった!

   (極めて初期の記事より)

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

というわけで、今日も午後4時に退社し、

 

上沼恵美子のような香港のおばちゃんたちと、

 

チャーシュー争奪戦を繰り広げた後、久々に、

 

カフェで白ワインを飲みながら読書をした。

 

それで、ワイン一杯で酔いがまわり、

 

家に着くとソッコーでベッドに倒れこんだ。

 

 

ホント、お酒が弱くなったわあ。