香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

あなたならどうする?

f:id:shusaku1:20210128000014j:plain

👆 春節の雰囲気が漂い始めた香港

 

 

昨日の記事で、

 

「自分はこの罪悪の世界に留まります」と、

 

〝自分で〟はっきり決めておきながら、

 

もう一方では、聖霊兄貴に、

 

「私は天国へ還りたい。導いて下さい」

 

と、矛盾したことを祈っていると書いた。

 

それはまるで、神社へ初詣に行って、

 

「私は絶対に受験に失敗してやる」

 

と堅く決心しながら、神様に柏手を打ち、

 

「大学に合格できますように」

 

と祈っているようなものだ、と…。

 

 

そうなのだ、僕たちは、自分で決めている。

 

例えば、

 

母親からずっと〝お前はダメだ〟と言われて

 

育ったから、私は自分に自信が持てなくなった、

 

と思っているとすれば、

 

そもそも、母親の言っていることを受け入れる、

 

と決めたのは、紛れもない自分だし、

 

自分を責めてしまうんです、というのも、

 

自分を責める、と決めているのは自分だ。

 

そして、

 

この〝自分で決めたこと〟を選びなおすのは、

 

自分にしかできないと思うのだ。

 

 

f:id:shusaku1:20210128000004j:plain


  

僕の場合、去年の国慶節の前後辺りからかな、

 

絶対に神しか選びたくない、愛しか要らない、

 

もう、こんな不安と恐怖の世界は心底うんざりだ、

 

今後は何があっても、背後の無限の全体だけ、

 

そのままの自分だけで生きていく、

 

それができなかったら、死んだ方がマシだ、と、

 

心の底から強烈に、それこそ全身全霊で、

 

決心した瞬間があった。

 

 

それまでの自分は、神だ、愛だ、と言いながらも、

 

今の会社は、

 

自分が本当に居たい場所ではないけれど、

 

この会社を辞めれば大変なことになる、とか、

 

このパートナーシップはもう終わりにすべき、

 

と思っているのに怖くて手放せない、というふうに

 

〝頭では分かっているんだけどモード〟

 

でやっていた。

 

しかしこれを続けている限り、いつまで経っても

 

投影が終わらないことにも気づいていた。

 

どんなに赦しても、どんなに聖霊に頼っても、

 

〝自分〟がその環境に留まることを、

 

自分で〝決め〟たことを選び直さないので、

 

結果、年がら年中、繰り返し、繰り返し、

 

恐怖や不安の映像が映し出されることになる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

また、

 

自分が無限の全体であることに気づけば、

 

会社に天国が反映されてくる、とか、

 

ギスギスしたパートナーシップも、

 

突然、特別な愛の関係に変わるはずだ、

 

と、思っていた時期もあったが、

 

実際、自分に本当の力が戻ってくると、

 

そういう考えも、

 

自分は何もせずに、世界の方が変わってほしい、

 

という想いの裏返しだったことが見えてくる。

 

 

本当の意味で神側を選ぶことを〝決めた〟なら、

 

行動レベルでの〝選択〟を迫られる。

 

そのとき、

 

あなたなら、さあ、どうするどうする、である。