香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

恐れずに進む

f:id:shusaku1:20210302221311j:plain

👆朝の通勤途中で見かける路上の花屋さん

 今、この瞬間に在ると、忙しい通勤途中でも

 この花の存在と美しさに気づける。

 それは、神に気づいていることでもある。

 

 

このブログでもお伝えしている通り、

 

最近、怖いくらいにあらゆることが終わってゆく。

 

 

ケリーがいなくなり、ふぁちゃんがいなくなり、

 

佛山工場も無くなり、お手伝いのチョイ姐も辞め、

 

お酒も飲まなくなり、ワイドショーも見なくなり、

 

おまけに、コロナで出張も無くなり、

 

極めつけは、もうすぐ香港を去ろうとしている。

 

そして今回、、4年間お世話になった、

 

トレーナーの元を離れることにしたのだった。

 

特に理由は無く、今年に入った頃から、

 

なんかもういいかな、と思いはじめ、それで、

 

残りの分を消化したら卒業することにした。

 

今後は、自主トレのみで筋トレを続ける。

 

 

とまあ、こんな感じで、去年あたりから、

 

これまで空気のようにあったものたちが、

 

わざとらしいくらいに次々と終わりを告げてゆく。

 

 

f:id:shusaku1:20210302221242j:plain

👆 通勤時に通る広場。なんか秋の雰囲気

 

 

今日、電車の中で、背後の無限に開きながら

 

瞑想をしていた時、〝彼〟の声が聞こえた。

 

 

「新たな道筋を進むためには、

 

 これまで君が良しとしてきたものを、

 

  一旦、全て手放す必要があるんだ。

 

 それも、今、このタイミングで…。

 

 ぐずぐず躊躇している余裕などないんだよ。

 

 お願いだ。絶対に悪いようにはしないから、

 

 僕を信じてついて来てほしいんだ」

 

 

いつもは「どっちでもいいよ、それでOKだよ」と、

 

全肯定の〝彼〟が、なぜか今回は、

 

決然とした口調で僕に語りかけて来た。

 

 

以前の僕だったら、

 

帰任を命じられた二年前のように、

 

香港を離れることへの寂しさ、将来への不安、

 

慣れ親しんだ環境を手放す恐怖で、

 

心がびゅんびゅん大騒ぎしていたことだろう。

 

しかし、今の僕は全く逆で、むしろ、

 

新しい展開への期待と歓びで一杯である。

 

 

〝彼〟に導かれているのも解かっているし、

 

〝父〟から完璧に愛されているのも感じている。

 

兄貴も、父も、愛も、ハートも、兄弟たちも、

 

全ては初めから自分の中に在り、

 

完璧な神の子である自分も許容できている。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

これから、

 

どんなワクワクのストーリーが始まるのか、

 

どんな素晴らしい現実が展開されるのか、

 

といった、外で起こることよりも、

 

その奥に在る〝神〟に出会えることが、

 

なによりもうれしい。

 

愛や歓びや感動や平安といった〝神の想い〟が

 

真の自己そのものであったことを、

 

夢の現実が展開する過程で思い出してゆくのだ。

 

それは物理的な事象をはるかに超えるもので、

 

だからこそ僕は、今、この瞬間を、

 

恐れずに進んで行こうと思うのだ。