香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

現実の反転

f:id:shusaku1:20210308224317j:plain

👆 久々にビアカフェでアニータ三昧!

 

 

今日はもう一人の日本人の勤務最終日だった。

 

彼が住むアパートは会社が借りているので、

 

部屋の明け渡しに僕が立ち会った。

 

大家さんと一緒に部屋を点検し、

 

問題がないことを確認したあと、

 

敷金6万香港ドルの小切手を受け取った。

 

同僚の彼は、

 

明日飛び立つフライトがキャンセルになった、と、

 

大慌てで、あちこち電話をしている。

 

というのも、フライトを終えて香港へ戻ってきた、

 

CAやパイロットも一旦21日間隔離されるため、

 

乗務員が不足し、

 

乗客の少ないフライトはすぐにキャンセルとなる。

 

香港-大阪便も2週間に一度しか飛ばないのに、

 

それさえもキャンセルとなってしまう。

 

最終的に、明日の成田便が確保できたようだが、

 

これもキャンセルされる可能性があるという。

 

 

今夜、一家4人で香港に一泊し、成田で一泊し、

 

その後レンタカーで広島の実家へ向かうという。

 

(日本では公共交通機関は使えないらしい)

 

彼は辞職するので、それらの費用は全て

 

自己負担である。

 

 

8年間も一緒に仕事をしてきた仲間なので、

 

万感込み上げるものはありつつも、

 

そんな夢の一コマを、消えゆく姿として見送った。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.comlog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

話は変わって、

 

最近、意識が内面(背後)を向いたまま、

 

無限の全体の中で日常を生きている。

 

以前は、

 

一人で部屋にいる時や、瞑想している時、

 

に限定されていた〝繋がっている状態〟が、

 

もう仕事中でも、人と話している最中でも、

 

ずっと〝彼〟と一緒にいる状態となっている。

 

内側を向いた感じで生活しているので、逆に、

 

外側の現実の方が非現実のように見えている。

 

 

これはどういう感じなのかというと、

 

これまでは、外側に起きている事を見て、

 

何かを感じていたのが、

 

いまでは、内側で何かを感じることで、

 

外側に何かが起きてくる、みたいになっている。

 

 それは決して、

 

夢見る夢子のようなふわふわした感覚ではなく、

 

ちゃんと、内面の現れだと知覚できている上で、

 

夢の映像を見て、きちんと対処できている、

 

といった感覚なのだ。

 

 

また、四六時中〝内なる彼〟と会話している。

 

 

今日も、香港政府から、

 

コロナワクチン接種に関する指針が発表された。

 

まずは、医療従事者、飲食関係者、接客業、

 

など、不特定の人と接触する職業従事者から、

 

ワクチン接種を受けさせるのだという。

 

この報を聞いた時、

 

ワクチンを絶対に接種したくない僕は、

 

「これが強制接種になったらどうしよう」

 

「ワクチンを接種しないと出入国させない、

 

 ってなったらマジヤバいよ。注射はイヤだ!」

 

「僕が香港を離れるまで強制接種にならないよう

 

 君の力で何とかできないかな」

 

と、内なる〝彼〟に相談しまくった。

 

ここは聖霊の采配でなんとか…、みたいな。

 

 

〝彼〟から答えが返ってきた。

 

「そんなにイヤなら、

 

 明日、荷物をまとめて出国しろ」

 

だって。

 

きいぃーっ!