香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

とある違和感

f:id:shusaku1:20210326005510j:plain

 

 

以前の記事でもお伝えしたように、もともと僕は、

 

今年の夏頃には会社員生活を卒業して、 

 

正式に日本へ完全帰国し、それからしばらくは、

 

日本でゆっくり創作に専念しながら、

 

台湾移住の準備をしようかなあ、と考えていた。

 

しかしここへ来て新たな展開が生まれつつある。

 

 

というのも、もう正式発表されたので書くのだが、

 

実は、現在僕が勤務する香港支社を、

 

完全クローズすることが決定されたのだ。

 

僕は去年の暮れにこの通達を受けていて、

 

それを機に、もう一人の日本人の同僚は退職し、

 

エドワードも4月一杯でリストラ解雇となる。

 

 (先月、本人にはすでに通知済み)

 

ただ僕は、銀行や税務などの残務整理のため、

 

8月ごろまで香港に残り、その後帰国して、

 

最終的には東京支社勤務となる予定だった。

 

だが、30年もの間、外国で暮らして来た僕が、

 

日本のオフィスの雰囲気に馴染めるとも思えず、

 

デスクをくっつけ、

 

互いに向かい合って仕事をするスタイルは、

 

考えただけで息が詰まりそうになり、

 

もう絶対にパスである。

 

なので、秋からは、会社員を早々にリタイアし、

 

あとは日本で、小説創作に没頭しながら、

 

自分100%の日々を過ごそう、と考えていた。

 

 

f:id:shusaku1:20210326005723j:plain

 

 

香港支社はクローズされるのだし、

 

これを機会に会社員生活から脱け出し、

 

自分のために、やりたいことを思い切りやろう、

 

それに、香港ももう、昔の自由な香港ではない。

 

ここが潮時、生き方を変えるチャンスだ、と、

 

新たな展開にワクワクもしていた。

 

 

一方で、こうした計画に対して、

 

なんか訳のわからない違和感も感じていた。

 

なんだろう、今ではない、という感覚…。

 

最初、

 

会社を辞めることに恐怖を感じているだけなのか

 

それとも、香港を離れるのが名残惜しいのか、

 

と、自分の内側をよーく観察してみたのだが、

 

どうも、そういう類いの違和感でもない。

 

その証拠に、ドキドキや不安感はないのだ。

 

また、国境封鎖や隔離措置など、

 

コロナ禍で移動が極端に制限される中、

 

もう少し時期をずらした方がいいのかな、

 

とも思ったが、そんなことでもない気がする。

 

 

f:id:shusaku1:20210326005736j:plain


 

今に意識を委ね、本当はどうしたいのかを、

 

内なる本質の自分である兄貴と見てゆく。

 

〝日本帰国、台湾移住は、今でなくてもいい〟

 

という想いが浮かんできた。

 

それは、流れに逆らって、

 

無理やり何かをしようとしている際に感じる

 

違和感だった。

 

 

でも、僕の帰任は8月と決まっており、

 

嫌でも日本へ帰国する手はずになっている。

 

それに今年は風の時代でもあり、自分としても、

 

今年中に、新たな一歩を踏み出したい。

 

しかし、本当の理由は分からないけれど、

 

あと半年から1年、帰国をずらしたほうがいい、

 

と、緩やかに止めが入るのだ。

 

 

じゃあ、香港で別の働き口を探すのか、

 

それとも、別のアパートを自分で借りて、

 

しばらく香港で小説創作をしてゆくのか、

 

しかし、

 

自力で香港のバカ高い家賃を払うのは、

 

まったく以って現実的ではない。

 

f:id:shusaku1:20210326005757j:plain

 

 

あれこれ考えても、自分には何も分からない。

 

僕は、全ての抵抗をやめ、

 

今、この瞬間に委ねていることにした。

 

今、この瞬間瞬間に立ち顕れる神を味わい、

 

今、この瞬間瞬間に起こっている過程を楽しむ。

 

それが、

 

どんなに自分を動揺させることであっても、だ。

 

外側に対して何かをするのではなく、

 

内側の愛にフォーカスすることにする。

 

答えは、愛の反映である兄弟たちによって

 

そのうちきっと、もたらされると思うから…。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com