香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

チルチル満ちる

f:id:shusaku1:20210412224808j:plain

👆 今日のお昼のお弁当。本当においしくて、

  毎日気分が上がるひととき

 

 

今日社長に辞意を伝えた。

 

先月、

 

もう一人の日本人(コーヒーカップ事件の同僚)

 

が辞職して日本へ帰国した時は、

 

引継ぎの際に、無責任だ、とか色々言われ、

 

辛い思いをしながら去っていったので、

 

僕も、ある程度の覚悟は決めていたのだ。

 

たとえ何を言われても、

 

神の選択として凛と全て受け入れよう、と…。

 

しかし、社長からは、

 

「星谷さんには、長い間頑張ってもらった。

 

 本当にありがとうね。ご苦労様でした」

 

と、意外にもねぎらいの言葉をかけられた。

 

残っていた年休の40日分も、

 

全て買い上げてもらえることになった。

 

元コンババ部長には、先に伝えていたのだが、

 

「一番頼りにしていたのに…」

 

と、ちょっと落ち込んでいる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

アニータが言っていたように、

 

自分の内側をいたわり、愛で満たしていくと、

 

見えている世界に愛が映し出されてくる

 

というのは本当だと、今は自信を持って言える。

 

 

自分の本質が愛であることが解かってくると、

 

無限の全体が自分だったという理解が起こり、

 

現実のスクリーンには、

 

内側の愛(神の感じ/大好きな感じ)を反映した

 

出来事が映し出されてくる。

 

それを見てまた愛を感じていると、

 

愛が循環しはじめ、

 

〝愛である感じ〟が自分そのものであり、

 

全体でもあったことが心底腑に落ちてきて、

 

最後には、個の自分が消える。

 

 

どうやら僕の場合は、罪悪は無い、とやるよりも

 

内側に在る神(愛)を智ることで、

 

世界は無かったことを智ってゆく方が、

 

性に合っているようだ。

 

 

たとえ僕が、日本帰国を選択していたとしても、

 

やはり同じように、

 

神を反映させていたのだろうなと思う。

 

なぜなら、外側で何かを選択する際、

 

何をどう選択するか、という問題よりも、

 

どんな心の状態で選択をしているかが

 

とても重要になってくるからだ。

 

心に愛が満ちた状態での選択は、

 

それがどんな選択であっても、

 

体験される結果もまた愛でしかない。

 

 

とまあ、こんな感じで、

 

退職まではまだ二カ月くらいあるのだが、

 

神の中で起こることに一切抵抗せず、

 

ここに在る今をじっくり味わいながら、

 

神の中で過ごしていこうと思っている。