香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神の先にあるもの

f:id:shusaku1:20210513232941j:plain

👆 いつものおしゃれカフェでブランチ

  

 

 

今日は新しい会社の入社前面談の日だった。

 

面談は午後からだったが、一日有給を取った。

 

 

家の前のバス停からバスに乗れば、40分ほどで

 

新しい会社が入るビルの前のバス停に着く。

 

これなら、朝8時に家を出れば十分間に合うし、

 

雨の日でも傘なしで会社までたどり着ける。

 

 

日本人副総経理(定年間近/阪神ファン/喫煙者)と

 

会議室で今後の業務について打ち合わせをした。

 

中国にいる総経理とはZOOMでやり取りをした。

 

二人とも営業出身で、中国語は話せず、

 

財務や総務人事などの管理業務も管轄外らしく

 

非常に期待してますとハッキリ言われた。

 

何をするのかと思って業務内容を訊くと、

 

資金繰り表や人事評価制度(KPI)のかんりなどで、

 

財務や総務管理はかなりゆるゆる、

 

心の中で密かに「ここ、もらった!」と思った。

 

それから、香港人の営業部長さんが入ってきて、

 

僕のノートPCを新たに購入するにあたり、

 

希望するメーカーやスペックを聞かれたので、

 

財務諸表をチェックしなければならないため、

 

なるべく画面の大きなものをと希望を伝えた。

 

 

f:id:shusaku1:20210513232953j:plain


 

 

面談を終え、香港島へ戻るバスに乗った。

 

そこでずっと背後の無限の全体に入り、

 

ただ存在しているだけの状態で過ごした。

 

そして、神は在る、の中に佇んでいるうち、

 

これまで疑問に思ったこともないような疑問が、

 

ふと湧き起こり、そこから、心がざわめきだした。

 

 

神は在る…神は在る…んっ…?神は在る…??

 

神はどのようにして在るようになったんだろう?

 

神はいつからここに在るのだろう?

 

神が在る以前には、何があったのだろう?

 

そもそも、神はどうやって生まれたのだろう?

 

不可知である神が、永遠にここに在ったとして、

 

それは何ゆえに存在し続けているのか?

 

神がゴールのその先は?またはそれ以前は?

 

 

f:id:shusaku1:20210509020919j:plain

 

 

本当にうまく説明できないのだが、

 

神が全ての全てであるならば、

 

どのようにしてその全てが始まったのか、

 

不可知のその先にある〝究極〟に思いが及び、

 

愕然とした思いに捉われたのだ。

 

 

これまでは、何の疑問も持たず、ただ、

 

父が待つ故郷へ永遠に帰還して、終了―っ!

 

みたいに思っていたが、故郷が本当の最終?

 

そもそも、神の国って、なんなの?

 

 

プリンを見て、なんでプリンって言うんだろう、と

 

プ・リ・ン、プ・リ・ン、と呟いているうちに、

 

気が狂いそうになる時の感覚に似ている。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

究極の不可知の以前にはなにがあったの?

 

答えなんか絶対に出ないのは分かっていながら

 

このことに思いを馳せると、なぜか、

 

ものすごい〝やるせなさ〟が湧き上がってくる。

 

 

えっ?ひょっとして…まだあるの?

 

 

これまでは、

 

ただ漠然と、神が最終と思っていたが

 

神などというものが何ゆえに〝在る〟のか、

 

はっ、とさせられた初夏の香港であった。