香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

こじらせ兄弟

f:id:shusaku1:20210612002030j:plain


 

 

みんなの前で自分の本音をさらけ出すのが怖い、

 

自分が思っていることを相手にぶつけるのが怖い

 

いやです、やめてください、と怖くて言えない、

 

本当は、怖さ、不安、怒り、様々な思いが、

 

自分の中で交錯しているのに、

 

この世界は幻想なのでただ見過ごすだけだ、とか

 

ただ沈黙、ただ大丈夫、相手も神の子で愛なんだ

 

赦すのは自分の心の中だけなのだから、

 

何かをする必要はない、というフィルターで、

 

自分の中の真の叫びである〝こわいよ~っ〟を

 

どこまでもスルー(隠ぺい)してしまうことがある。

 

 

中でも、日本人に多いパターンに、

 

〝ちゃんと察しなさいよ症候群〟というのがある。

 

「私があなたに対して何を求めているか、

 

 私のこの不機嫌な態度を見れば分かるでしょう、

 

 なんで理解できないの、はやく察しなさいよ」

 

と、ぞんざいな態度を取ったり、無視したりする。

 

それで、どうしたのかと訊かれると、

 

「別に」と答える。

 

 

オイ、オイ、オイ、ちょっと待ったあー、である。

 

相手は超能力者ではないのだから、

 

テレパシーであなたの心を読み取れる筈もなく、

 

従って、私はこうしたい、こうしてほしい、と、

 

きちんと言葉で伝えなければ始まらない。

 

 

f:id:shusaku1:20210612002043j:plain

👆 最近朝はプロテインバーで済ましている

 

 

レストランで、お水が欲しければ、

 

店員さんに手を挙げて、

 

お水をください、というだろう。

 

どこの誰が、忙しそうに動き回る店員さんに

 

ガン飛ばしながら、気づけよ、とやるだろうか。

 

「すみません、お水下さい」

 

と、大声で言わなきゃ伝わらないのだ。

 

 

これと同じことを、聖霊兄貴にもやっている。

 

 

「お水が来なくても、お前はすでに天国にいる」

 

「お水は幻想だ、何も起こっていない」

 

「店員さんも神の子で愛です」

 

「本当は店員さんから大切にされたかったんだ」

 

「お水下さいと言えないのは神を恐れてるから」

 

 

ウザい上司、押し付けてくるお姑さん、

 

自分勝手な夫や否定してくる妻、などなど、

 

お水下さい、と、自分が言わないのが原因なのに

 

コース定義を使ってああでもないこうでもない、と

 

自分の心の中ばかりを赦そうとした結果、

 

赦せない自分を責めることになってしまっている。

 

こうして責められた自分の思いは、

 

再び、上司、友人、妻、夫の口や態度を通して、

 

自分に会いにやって来る。

 

 

なんのことはない、

 

目の前に現れている赦しどころの兄弟たちは、

 

ちゃんと声をかけられようと、自分が自分に、

 

様々なジャブを繰り出しているに過ぎない。

 

なぜなら、見えている世界は、

 

自分の心の中を映し出しているので、

 

見えている世界が居心地悪いのは、

 

心に何か隠している者があるからなのだ。

 

なので、相手に何かを伝えているようで、

 

本当は自分の心に伝えている。

 

だから、伝えることで心が癒されるのだ。

 

 

想いは言わなきゃ伝わらない。