香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

鍵のない檻

 

f:id:shusaku1:20210706220323j:plain

 

 

少し前の記事でも書いたが、

 

僕が今、何よりも一番に望んでいることは、

 

〝十分な経済的豊かさがあり、

 

  何の制限も受けることなく、悠々自適に、

 

  起きたいときに起き、寝たいときに寝て,

 

  全ての時間を自分の為だけに使って生きる〟

 

である。

 

しかし、我に返ってよく考えてみると、

 

僕が会社勤めを手放さない限り、

 

上記の望みは絶対に叶えられないことが解かる。

 

つまり、いま、僕は、望みと全く違うことを、

 

自らやっていることになる。

 

そこで、週末のある夜、一度、自分の本音と、

 

とことん向き合ってみることにした。

 

 

僕の本音はこうだ。

 

何の制限も受けることなく、悠々自適に、

 

起きたいときに起き、寝たいときに寝て、

 

全ての時間を自分の為だけに使って生きるには、

 

先ず、何より、会社に勤めていてはダメなのだが、

 

今の自分にはまだ、

 

十分な経済的豊かさがないので、

 

仕方なく会社勤めを続けなければならない、

 

と思いこんでいる。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

で、次に気づいたのは、

 

いまの自分には、ある程度の貯金もあるし、

 

失業しても月40万円ほどの失業手当がもらえる。

 

それに、養わねばならない家族がいるわけでもなく、

 

今、全ての時間を、自分のために充てたとしても、

 

なんら差支えはないはずだ。

 

つまり、悠々自適に暮らそうと思えば、

 

明日にも叶えることができる、という事実である。

 

  

なのに、

 

実際にはどうして会社を手放せないかと言うと、

 

今ある経済的な豊かさは、今だけのもので、

 

将来目減りして無くなってゆく可能性があるので

 

今はまだ会社を辞めるわけにはいかない、

 

とかたくなに思い込んでいる。

 

別の言い方をすれば、

 

自分が収入を得る手段は会社勤めしかないため、

 

その会社を辞めると、将来お金に困る、という、

 

勝手な強迫観念を持っている。

 

そして、この思い込みこそが〝檻〟なのだった。

 

  

だが、もっと本音を掘り下げてゆくと、

 

何の保証もなく会社を辞めるのは怖すぎるので、

 

何か魔法のような素敵な出来事が起こり、

 

「もうこれで大丈夫」と思えるような、

 

会社勤め以上の安心が確保された上で、

 

オツトメを手放したいと思っている。

 

要するに、聖霊兄貴による奇跡のような采配で、

 

会社勤め以上の安全保証が得られることを、

 

密かに待ち望んでいるのだ。

 

しかし、当たり前のことなのだが、

 

無限の可能性を信じていない状態で、

 

そんな奇跡などおこるわけがない。

 

それに、

 

将来の為に今の豊かさを制限してしまうと、

 

たとえその〝何かよいもの〟が来たとしても、

 

やはり、それにも制限をかけてしまうと思うのだ。

 

 

「あなたは鍵の掛かっていない檻に自ら入った」

 

と、奇跡講座やその他のスピで言われたりするが

 

今回、自分の本音を掘り下げてみて、

 

この意味が本当によく理解できる。

 

そもそも檻などないのに、自ら檻を作って入り、

 

聖霊兄貴が助けに来てくれるのを待っている。

 

自ら入った檻は、自らの意思で出なければならない。

 

 

僕もついに本当の意味で、

 

会社員という檻から出る時が来ている。

 

(遅いわ、もう定年やろ、というツッコミは却下!)