香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

キシミトール

f:id:shusaku1:20210706220313j:plain

 

 

これは、神や赦しとは全く関係のない事なのだが、

 

最近、巷で言われている〝二極化〟というものを

 

しみじみ肌で感じている今日この頃である。

 

 

二極化とは、それぞれの意識を強く反映した

 

世界を生きるようになってゆくことにより、

 

愛と平安を反映させた世界を生きる集合意識と

 

過去や物質的な執着や罪悪感を手放せず、

 

変化を恐れて眠りを体験し続ける集合意識が、

 

二極に分化してゆき、ついには、全く別の世界で

 

存在するようになることを言うらしい。

 

宇宙シフトとかアセンションの事はよく分らないが

 

実際、同僚たち(大半が女性)に囲まれて、

 

日々仕事をしていると、まるで彼らが、

 

自分とは全く違う世界を生きている人達のような、

 

自分とは関係のない別次元の生き物のような、

 

なんていうか、

 

全く異なる周波数帯にいる人達のように感じられ、

 

大きな違和感を覚えるのだ。

 

 

いや、別に、彼らを嫌っているわけでも、

 

不快に思っているわけでもない。

 

しかし、完全に自分とは別物、という感覚がある。

 

大きく周波数のズレてる場所に一人いる感覚、

 

そこに毎日長時間いるのがストレスになる。

 

 

背後の神に在って、愛と平安を知っている魂と、

 

分離した個として恐れと共に生きる魂の集団の中で

 

今の僕がどうなっているかというと、

 

すでに神の愛を智っている状態にありながら、

 

まだ分離した場所(会社)に留まり続けている。

 

 

以前の自分なら、

 

職場の周波数を愛に変えようと、

 

必死で赦しを実践していただろう。

 

だが、

 

変わらないことを選択した人達もまた、

 

正解なのだ。

 

要は、自分がただ頑固に、

 

自分の魂の本質と異なる場所にしがみついている

 

だけのことである。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

列車乗り換えのタイムリミットが迫っていることも

 

ゲートが閉まりつつあることも、今〝体感〟として、

 

びりびり感じている。

 

心が神(無限の全体)への流れに向かおうとしながら、

 

身体は全く別方向へ向かおうとしている。

 

その〝軋み〟が肩の痛みとなって顕われている。

 

 

もうちょっと、もうちょっと、とやっているうちに、

 

会社では、銀行の人と融資のやり取りが

 

始まったりしてどんどんドツボにハマってゆくのだ。

 

そうこうするうちに軋みはますます激しくなり…。

 

 

でもまあ、とりあえず、今月一杯は続けるけど…。

 

(かあぁぁーっ! 👈 from 読者)