香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

それぞれの終戦記念日

f:id:shusaku1:20210808011023j:plain

👆 最近毎週末はあの退職金6000万円友と

  アッパーハウスでランチをしている。

 

これは僕の周囲にいる人たちだけに

起こっている事なのかもしれないが、最近、

〝それぞれの終戦記念日〟を迎えている人が、

とても多いような気がしている。

 

今まで続けてきた仕事を辞めることになったり、

突然、相手から離婚を突き付けられたり、

これまで親に頼って暮らしてきたけれど、

急に自立しなければならなくなったり、または、

すっごく大切にしていた人やモノを失ったり、と、

思いもよらない転換期に直面している人が、

僕の周囲で続出しているのだ。

 

自身の事で言えば、以前にもお伝えしたように、

前の会社が香港支社を閉鎖することになり、

日本へ帰任するか、転職をして香港に残るかで、

迷いに迷った挙句、僕は香港残留を選んだ。

そして、新しい会社で働き始めて3か月になるが

このまま会社という枠の中に入っていることが、

日増しに苦痛になりつつある。

いや、別に、

転職した会社に問題があるというわけではない。

財務や人事総務の仕事は、どこの会社でも

やることはほとんど同じなので慣れているし、

職場の雰囲気も極めて良好である。

それに、職位もお給料も前職より高いので、

あと1~2年やっていれば、何の問題もなく、

コロナ禍を切り抜けられるはずである。

でも、だめなのだ。

背後の無限の全体に繋がっている時間が増え、

愛と歓びの感じが内側に拡張されてゆくにつれ

自分の本質で存在していない場所にいると、

外側と内側の間に意識のひずみが生じ、

心がキシキシと軋みだすのだ。

 

これまで外側に明け渡していた力が自分に戻り、

本当にやりたいこと(僕の場合は小説)を、

思い切り表現できる確信とパワーが出てくると、

それと真逆の行動をしている自分に、

大きな違和感と齟齬を感じてしまうのだ。

 

f:id:shusaku1:20210808011043j:plain

 

f:id:shusaku1:20210808011010j:plain

👆 昼間からワインでリラックス

  明日何が起こっても、今この瞬間は至福。

  この至福が〝神の気配〟である。

 

 

 でも、でも、でも…である。

いざ、これまでの安全枠から飛び出そうとすると、

恐怖という警告音がものすごい音量で鳴り響く。

「お前のその年齢では再就職は無理やでぇー」

「キャリア全部失って後悔の人生や、破滅やな」

と、自我がぎゃんぎゃん騒ぎ出すのだ。

 

こんなことなら、

前職に留まっていた方がどんなに平安だったか

と、選択を後悔させる声まで聞こえてくる。

 

だが、違うのだ。

会社から言われたからこうしました、ではなく、

自ら古い自分を終わらせると決断することが、

当時の僕には決定的に必要だったのだ。

だから、僕の兄貴は、わざわざ転職をさせ、

恐怖や後悔とちゃんと向き合わせたうえで、

愛と感謝と共に力強く選択させようとしたのだ。

それが本当の意味で過去を赦すことになる。

 

 

もし、僕が前職に留まり、今年の年末辺りに、

日本帰任を以って退職をしていたなら、

気持ち的にはもっとラクだったかもしれない。

しかし、これだと会社の決定に〝乗った〟だけで

自分でちゃんと決めていないのだ。

そうなると、僕はきっとまた恐怖を避けるために

枠の中へひょいっと戻っていくに違いない。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

風の時代だとか、今年の冬至でゲートが閉まる

とか、スピ界ではいろいろ言われてはいるけれど

僕の感覚では、あながち間違いではなさそうだ。

少なくとも、僕に関して言えば、一刻も早く、

保身からやっている全てを手放させようとする

何かの強い意志が働いているのを感じる。

悪いようにはしないから、とにかく手放せ、と…。

 

 

さあ、どうなる、周作!