香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

愛の素粒子

f:id:shusaku1:20210821054419j:plain

 

 

〝自分の内部に潜むあらゆる側面を愛したい〟

 

という意欲を自分に向けて差し出すことが

 

コースが言う〝少しの意欲〟の意味だ、

 

と理解が起きている。

 

 

どういうことかというと、

 

僕が無限の全体に繋がっている時は常に、

 

〝巨大な愛している〟の中で、

 

絶対的エクスタシーに包まれているのだが、

 

じゃあ、どのようにしてそういう状態に至るのか、

 

と考えた時、まず先に、自分の方から、

 

神と同じ周波数である、愛してるぅー、大好きぃー

 

という〝愛している感じ〟を、一瞬強烈に、

 

〝自分に向けて〟発振していることに気づいた。

 

こちらからほんの少しの〝大好き〟を発すると、

 

それと呼応するように、今度は神のほうから、

 

爆発的な悦楽と歓びの波が押し寄せてくる。

 

なので、真の故郷へと永遠に帰還する第一歩は

 

先ず自分の方から、

 

内側へ向かって〝愛〟を放つことであり、

 

それが父に差し出すほんの少しの意欲となる。

 

 

f:id:shusaku1:20210821054453j:plain

 

 

しかし、愛を放とうとすると、ついつい僕たちは、

 

兄弟を愛として見よう、とか、みんなが愛です、と

 

愛を放つ対象を相手側に向けてしまいがちだ。

 

ノー!ノー!ノー!である。

 

言いたい事を言えない自分、断れない自分、など

 

そこも大好き、自分の何もかもを引き受ける。

 

自分の内側をどこまでも慈しみ、愛でることが、

 

何よりも、誰よりも、どんなことよりも大切だ。

 

しかしそれは、何か事が起こるたびに、

 

「大丈夫だよ。愛してるよ。よしよし」と、

 

慰めのような言葉で肯定するのではない。

 

常に自分の中に流れているエネルギーだけを

 

ただただ強烈に〝放つ〟状態で在ることである。

 

神は存在ではなく、存在の在り方なので、

 

言葉にできない、想い、感覚、感じ、気配、

 

といった知覚の中に神は在る。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

どうして、こんなにも〝自分〟なのかと言うと、

 

そもそも、自分が恐れを抱いている他者も、

 

不安を掻き立てる出来事も、心を癒す風景も、

 

全て自分の想いが創り出しているからである。

 

相手(外側)は自分が創り出した結果なので、

 

先ずは原因である自分を癒すことが先決となる。

 

 

じゃあ、この感覚や知覚はどこで感じられるのか

 

というと、それは身体である。

 

ドキドキ、ソワソワ、キュンキュン、ワクワク、

 

(僕の場合〝ムラムラ〟も多分に含まれる)(笑)

 

は、必ずボディのどこかで知覚されている。

 

僕の場合、以前はみぞおちで感じていたが、

 

今は身体全体で震えるように振動している。

 

 

こうして〝愛してます素粒子〟を飛ばし続け、

 

愛だけを放ち続けていると、

 

外側の、お金、生活の豊かさ、美貌、恋人、

 

といった〝持つことで愛や幸せを感じる〟

 

状態から、そんなものがあってもなくても、

 

〝愛の感じそのもので在る〟へと移行する。

 

 

自分の中で愛を感じることが先手になった上で、

 

生きたいように生き、やりたい事を思い切りやり

 

経済的豊かさや、恋愛や、セックスを味わえば、

 

それはもうまさしく、神との交流そのものである。

 

 

何度も何度も言うが、まずは自分が癒されないと

 

自分はいつまでも幻想としてここに居続け、

 

世界が存在すらしていないことにも気づけない。