香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

神とのセックス

f:id:shusaku1:20210911224111j:plain

 

 

毎回、ジムでトレーナーとの筋トレを終えた後、

 

ストレッチエリアで30分ほど瞑想をしている。

 

瞑想と言っても、ただ深呼吸を繰り返しながら、

 

無限の全体の豊かさを感じているだけなのだが、

 

大きく息を吸い、丹田に溜めた息を、少しづつ、

 

30秒ほどかけてゆっくり吐き出していると、

 

まるで、身体全体で息をしているようになり、

 

細胞が粒子となって飛び散るような感覚になる。

 

その時の自己が愛の素粒子になって飛び散る

 

ような感覚がとても心地よいので、

 

心拍数が上がる運動後にこの瞑想をしている。

 

 

で、今回もいつものように瞑想をしていたら、

 

なぜか「私は○○です」と唱えたくなり、

 

○○にはどんな言葉がいいかなあ、と思って、

 

「私は愛です」とか「私は光です」とか、

 

色々やってみたが、何かが欠けているようで

 

しっくりこない。

 

全てを包括した一言はないかなあ、と思って、

 

ぱっと出てきたのが「私は〝神〟です」だった。

 

愛も、光も、豊かさも、平安も、歓びも、真理も、

 

全てこの一文字に集約されていると思ったのだ。

 

 

誰かに宣言をするように言うのではなく、また、

 

マントラみたいな言い聞かせ的なものでもなく、

 

息を吐きながら〝神〟という言葉の裏に流れる、

 

愛と歓びと平安な〝気配〟を感じ取るように、

 

ゆっくり何度も「僕は神です」を繰り返した。

 

すると「神です」と唱えるごとに、僕の内側から、

 

巨大なパワーが湧き上がってくるのを感じた。

 

それは、なんていうか、自分は豊かさそのもの、

 

愛そのもの、歓びそのもの、光そのものであり、

 

神と同じものを共有する神と全く同じ存在だ、

 

という強烈な智覚だった。

 

 

やがてただ「神…、神…、神…」と念じるだけで、

 

ずんずん神の力に凌駕されていくのだった。

 

自分は今、神と愛し合っている(交わっている)

 

のだと思った。

 

これまでハートのエクスタシーを感じて天城越え

 

という体験は多々あったが、今回はなんていうか

 

そういう神を感じて涙を流す類いのものではなく、

 

もっと凛としていて、巨大で、静かで、力強く、

 

完璧な秩序として存在する〝愛〟の力だった。

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

blog.hoshitani-shusaku.com

 

このパワーの中にいたのは数分だったと思う。

 

どんなに神を感じる体験をしても、

 

肉体である僕たちはすぐに神を忘れてしまう。

 

なので、

 

こうして神を思い出す静寂の時間を持つことは、

 

とても大切なだな、と改めて感じた僕であった。