香港さんといっしょ! 純粋非二元と奇跡講座を生きる

欲望都市香港で奇跡を実践中。今回を最後の生にするための日常を綴っています。

こじらせ兄貴

f:id:shusaku1:20210828034550j:plain

👆 夕食はベトナム料理の食堂で牛肉フォー

 

 

自我は、聖霊が愛をこじらせた姿に過ぎず、

 

元々は聖霊と同じものだった、という話である。

 

なので、僕の場合、自我を手放す、というより、

 

聖霊(正気)に戻す、という感覚の方が強い。

 

 

自我に気づき、自我を認識したら、

 

それは愛が裏返った聖霊なんだと理解することで

 

自我は元来の愛の姿へと変容を起こし、

 

聖霊となって僕の背後へと還ってゆく。

 

そうやって、自我を聖霊と同じ愛の存在だとして

 

認識できてくると、見えるもの、聞こえるもの、

 

触れるもの、起こってくることなど、たとえそれが、

 

どんなに忌み嫌うようなものであっても、全てが

 

聖霊(神)でしかあり得ないと理解できてくる。

 

 

blog.hoshitani-shusaku.com

blog.hoshitani-shusaku.com

 

 

少しテクニカルなやり方を述べると、

 

自我男のささやきが聞こえてきたら、

 

先ずは自分の意識を、

 

頭からみぞおち(ハート)へ、

 

未来から今この瞬間へ、と移動させる。

 

どういうことかというと、

 

〝こんなことしたら誰かになんか言われるで!〟

 

〝この仕事辞めたら、将来貧乏暮らしや!〟

 

〝もうこんな年齢で、恋愛は無理やなあ!〟

 

といった自我の声は、

 

常時頭の中に鳴り響いており

 

それが未来の不安要素と結びついた瞬間、

 

恐怖や不安となって知覚化されてくる。

 

そう、自我と頭と未来はワンセットなのだ。

 

それとは逆に、聖霊の声は、

 

常にみぞおち(ハート)で鳴り響いており、

 

今この瞬間に在ることで、知覚することができる。

 

つまり、

 

聖霊とハートと今がワンセット、ということである。

 

自我は頭の中でしか生存できないので、

 

今この瞬間に在るハートに意識を戻せば、

 

もともと聖霊である自我は消え去るしかない。

 

だから、僕の場合(あくまで僕の場合だが)、

 

自我の叫びに気づいたら、しばらく見つめてから

 

ハート(みぞおち)に在る聖霊を思い出し、

 

ゆっくりと、未来と結びついていた意識を、

 

今この瞬間へと戻してやる。

 

 

ベタな関西弁で攻めてくる僕の自我男は、

 

毎回、真正面から〝ガン見〟してやると、

 

なぜかいつも、シュン、となって消えてゆく。

 

 

今この瞬間に気づいて、

 

ハートのエクスタシーを感じていることこそが、

 

聖霊に気づいていることとなる。